回答

この問題の趣旨とずれているかもしれませんが
鎌倉時代は公武二元支配と呼ばれていて朝廷は国司・荘園領主(8世紀から)、幕府は守護・地頭(鎌倉から)といった二つの勢力がいりくんだものになっています、そして承久の乱や元寇で朝廷の支配力が低下していくといったのが通説です。
またグラフにあったものを追加すると知行国主(知行国)は律令の時の権限与えられた朝廷からの人で
在庁官人もほぼ知行国主と同様、そして本家・領家は大まかにいえば荘園の所有者でこれらは貴族もあるけれど9世紀以降は武士が中心となっているのでこういうグラフになっていると思います

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?