PromotionBanner

回答

まずは終わりを予想します。
今回は6の倍数なので、連続する3つの整数の積を利用することを念頭において考えると、(2)の場合、それだけでは表せそうにないので、他の6の倍数の項をつくると考えて式変形をします。
(3)の場合には、文字の項しかなく、数字がないので、複数回、連続する3つの整数の積をつくることを意識して式変形します。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選