回答

✨ ベストアンサー ✨

まず、話の前提として、
問題文が途切れていますが、おそらく誤文訂正の問題だと思いますので、①が誤りで、正しい文は、
She resembles her sister in appearance
but not in character.

だとしてご説明をさせていただきます。

一般に、等位接続詞が用いられる場合、その前後で同じS+Vが用いられます(同型反復、同じ形の反復)。

等位接続詞の前後でどの部分が並列されているか(共通点と言ってもいいかもしれません)を探すことが重要であると思います。

具体的には、以下の手順に従って探すとうまくいくことが多いと思います。

①等位接続詞の後ろに着目して
②前で同じ「形」の箇所を探す

図をご覧ください。

まず、等位接続詞の後ろをみるとin characterがあります。
前を見るとin appearance という同じin+名詞がいます。

この二つがbutによってつながっていることがわかりました。

Shiki

次に並列に並べます。
同じ部分は揃えて並べます。

Shiki

ここで、同型反復においては、2回目に省略をおこなっても良いので、省略されている部分を補います。

Shiki

これで、この文の内容が明確になりました。
以上の説明からnotはこの文に必要であることを理解していただけるのではないかと思います。

Shiki

補足させていただきます。
上記の説明ですと、等位接続詞はS+Vしか繋ぐことができないような書き方をしましたが、
単語や前置詞+名詞などS+V以外でも繋ぐことができます。
失礼いたしました。

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

resembling A in Bで Bの点に似ているという意味で、今回はAが her sister Bかappearanceにかかっていてこの文章でのbutは〜だがの意味で使われるのでは無いかなーと思います。間違っていたらすみません🙇‍♂️

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選