この回答がベストアンサーに選ばれました。

例えば
夜空いっぱいに輝く星をゆっくり見たことが多いい人は、友達に相談されることが とてもある人が19.5% ややある人は45.2% あまりない人が30.7% 全くない人が4.6%
みたいな読み方だと思います。

マル

ありがとうございます!わかりやすいです。

この回答にコメントする

回答

1番上の帯グラフは子供の頃星をゆっくり見たことがある人たちが大人になってからもその経験があるかの結果です。
下の段に行くにつれて、子供の頃星を見た経験が少なくなっていっています。その人たちが、大人になってから星をゆっくり見たことがあるかの結果が示されています。
このグラフからは、こどものころ星をゆっくり見たことがある人たちのほうが、大人になってからその経験をしているひとの割合が多いことがわかります。

マル

教えて下さりありがとうございます!

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選