回答

(1)ACと外接円の半径を使って、正弦定理を使うと
角ABCを求めることができる
よって三角形は180度より
180ー(角ACB+角ABC)=角BAC
(2)余弦定理を使うと
BC^2=AB^2+AC^2-2✖️AB✖️AC✖️cosAが出てくるので後は移行したりして求めるとcosAが求まる
sin^2A+cos^2A=1よりsinAが求まるので
三角形の面積の求め方より
S=1/2✖️AB✖️AC✖️sinAより面積求まります

ゲスト

ありがとうございます‼︎‼︎

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】