回答

(1)初期微動継続時間とは、最初に揺れ(P波)が始まってから、大きな揺れ(S波)が始まるまでの時間です。B地点では15秒で大きな揺れが始まっています。
(2)A地点(66㎞)からB地点(99㎞)まで到達する時間から求めます。初期微動が発生した時刻に5秒の差があるので、その5秒で距離の差(33㎞)進むということ。速さ=距離÷時間
(3)同じように到達時間から求めます。A地点では9時15分30秒+10秒、B地点では9時15分35秒+15秒でS波が到着するので、その差から時間を求め、(2)と同じく速さを計算してください。
(4)P波でもS波でもいいですし、A地点・B地点でもいいですが、速さと距離はもうわかってるので、時間=距離÷速さ で求められます。あとは逆算して、発生時刻を求めてください。

ゲスト

ありがとうございます!

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】