回答

(1)初期微動継続時間とは、最初に揺れ(P波)が始まってから、大きな揺れ(S波)が始まるまでの時間です。B地点では15秒で大きな揺れが始まっています。
(2)A地点(66㎞)からB地点(99㎞)まで到達する時間から求めます。初期微動が発生した時刻に5秒の差があるので、その5秒で距離の差(33㎞)進むということ。速さ=距離÷時間
(3)同じように到達時間から求めます。A地点では9時15分30秒+10秒、B地点では9時15分35秒+15秒でS波が到着するので、その差から時間を求め、(2)と同じく速さを計算してください。
(4)P波でもS波でもいいですし、A地点・B地点でもいいですが、速さと距離はもうわかってるので、時間=距離÷速さ で求められます。あとは逆算して、発生時刻を求めてください。

ゲスト

ありがとうございます!

この回答にコメントする