回答

✨ ベストアンサー ✨

例え話をします。
ある新しい遺伝性の病気Aと病気Bがあるとします。
病気Aは、花粉症のような生死に関わらない病気
病気Bは、罹患した患者は10代で亡くなってしまうような深刻な病気だとします。
病気Aは親から子に、子から孫に遺伝し、やがて人口の大半が持つ病気になります。
一方病気Bは、罹った患者は成人前に子孫を残すことなく亡くなってしまいますから、世代を超えて広がることはありません。

このように、生命に影響の小さい変異(文章中の前者)は生命に影響の大きい変異(文章中の後者)に比べて集団に広まりやすい、ということです。

たいやき

理解出来ました✨️ありがとうございます🙇🏻‍♀️

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?