数学
高校生
解決済み

⑶について質問です。任意の〜とあるのですが、その否定が、なぜ、ある〜なのかがよくわかりません。また、否定にするのならば、ある2つの有理数について、その積は有理数であるとするのではないのですか??

例題102 「すべて」 と 「ある」 の否定 **** 次の命題の否定を述べて, もとの命題とその否定の真偽を調べよ . (1) すべての三角形の内角の和は180°である (2) ある整数の組 (a, b) があって, a2+62=89 となる (3) 任意の2つの無理数について,その積は無理数である [考え方] 「すべて」と「ある」を含む命題の否定では,「すべて」と「ある」を入れ替えて,その 結論を否定すればよい. たとえば,「整数x, y, zはすべて偶数である」の否定は(「整数x, y, zはすべて奇 数である」としてしまうと,「x, yは偶数でzは奇数」という場合などがどちらにも入 らない。) 「x,y,zのうち少なくとも1つが奇数」であればよいので,否定は「整数」 y, zのうち, ある整数は奇数である」 となるのである. 命題とその否定は,一方が真ならば他方は偽である. 解答 (1) 否定 : 「ある三角形の内角の和は180°でない」 すべての三角形の内角の和は180° であるから, も との命題は真である もとの命題が真なので,否定は偽である. (2)否定 「すべての整数の組 (a, b) について, a' + 62 ≠89 である」 a=5, 6=8 のときa2+b2=89 となるから, もと の命題は真である。 al もとの命題が真なので, 否定は偽である。 a=5, b=8 が反例と (3)否定 「ある2つの無理数について, その積は有理 数である」 なる. 2つの無理数を√28 とすると,その積は √2×8=4となり,有理数となるので,否定は真 である。 否定が真なので,もとの命題は偽である. 無理数の否定は有理数 である. √2 x√2 2 なども 考えられる。 2つの無理

回答

✨ ベストアンサー ✨

任意の=すべての=どの〜も

「どの組も積が無理数」の否定は
「すべての組は積が無理数というわけではない」
という部分否定になり
「ある組は積が有理数」
「積が有理数になるような組も存在する」
ということになります
ここは日本語と常識の問題かと思います

「2つの無理数」はいわば主語です
ここを否定するとキリがないです
それを言い出すと
「2つでない(3つとか4つとか1つとか)」とならないか?
とかおかしな話になっていきます
(1)だって「三角形」を否定して「三角形でないもの」
とは考えていないはず
そのように考えてしまうと
そもそもの考える対象自体が変わってしまいます

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?