化学
高校生

⑵⑶の求め方がわかんないです

酸化還元満足の実験方法を理解し、適切な方法で酸化還元滴定を行うことができるよ うになる。 また、 実験結果から滴定した薬品のモル濃度や質量パーセント濃度を算出す ることができる。 使用する器具・薬品 器具 ビュレット、 ビュレット台、ホールピペット (5mL, 10mL) コニカルビーカー、 ピペット ポンプ、メスフラスコ、 駒込ピペット、 漏斗、 ビーカー (100mL,200mL) 薬品 オキシドール(濃度不明)、 過マンガン酸カリウム (0.0200mol/L) 希硫酸 (1.0mol/L) 純 水 実験方法 1. オキシドール5mL をホールピペットで測り取り、100mLのメスフラスコに入れ、 純 水で標線に合わせて20倍に希釈する。 (A液) 2. 希釈したオキシドール (A液) 10ml をホールピペットで測り取り、 コニカルビーカ 一に入れる。 3. 4. 1.0mol/Lの希硫酸水溶液を駒込ピペットで2mL 入れる。 2.のコニカルビーカーに、 液)を、 漏斗を使ってビュレットに 0.0200mol/Lの過マンガン酸カリウム水溶液(B 満たし、液面の目盛を最小目盛の10分の1まで読み取る。 ※この時、 先端の気泡 抜きを忘れないこと 5. A液にB液を少しずつ滴下しては振り混ぜていき、 赤紫色が消えてなくなり、 薄ピ ンク色になった時のビュレットの液面の目盛を最小目盛の10分の1まで読む。 6. 2-5 を繰り返し、 滴定を3回以上行う。 実験する上での注意点 器具 • ・純水で中が 薬品 目に入った&皮膚に付着した
MnOa 1 Se +8H→Mmt+4120 ②過酸化水素(還元剤)の半反応式 H2O2→O2+2H ③過マンガン酸カリウムと過酸化水素のイオン反応式 2MnDa +5H2O2+6H- →ラ 2m²++50g+8H2O ④硫酸酸性の過マンガン酸カリウムと過酸化水素の化学反応式 2KMmOq+5thO2+3H250円→24m50円+502+8H2O+K2SO (2)20倍に希釈したオキシドール (A液) のモル濃度を求めよ。 1202 34.0 A液の濃度は (3)もとのオキシドールのモル濃度と質量パーセント濃度を求めよ。 mol/L オキシドールの密度 1.00 g/cm3 オキシドールのモル濃度 mol/L オキシドールの質量パーセント濃度 % 感想と反省

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?