歴史
中学生
解決済み

どんなことを書けばいいですか?
アドバイスお願いします。

社会 歴史 問題 解き方 説明 特徴

回答

✨ ベストアンサー ✨

自由民権運動は、日本の明治時代に起こった政治改革運動の一環であり、主に1870年代から1880年代にかけて展開されました。自由民権運動派が目指した立憲政治とは、以下のような特徴を持っています:

憲政擁護: 自由民権運動派は、明治政府による中央集権的な政治に対抗し、国民の権利を保障する立憲政治の実現を目指しました。これは、政府の権力が憲法や法律によって制約され、国民の権利が保護される政治体制を求めるものでした。

国会の設立: 自由民権運動は、国会の設立を求める要求を提起しました。この国会は、庶民が参加できる憲政機関であり、政府に対して監督権を持つものとされました。選挙で選ばれた代表が議会で議論し、政府の政策や行動を検証することが期待されました。

基本的人権の確立: 自由民権運動は、個人の基本的な人権や自由を保障することを求めました。これには、言論・出版の自由、結社の自由、および法の下の平等などが含まれます。彼らは、政府の権力が個人の自由を侵害しないようにすることを重視しました。

役人の選挙制度の導入: 自由民権運動は、官僚制度の改革も訴えました。役人の選挙制度の導入を通じて、国民の意思を反映した政府の形成を目指しました。

これらの要素が、自由民権運動派が目指した立憲政治の特徴です。

ペレストロイカ

明治政府が目指した立憲政治は、以下のような特徴を持っています:

中央集権的な体制の確立: 明治政府は、国家の近代化と強化を目指し、中央集権的な政治体制を確立しました。これにより、従来の封建的な藩閥制度を廃止し、中央政府の権限を強化しました。

西洋式の法制度の導入: 明治政府は、西洋諸国の法制度を参考にして、近代的な法制度を整備しました。これにより、憲法や法律が国家の基本的な枠組みとなり、政府の権限が法律によって制約される体制を築きました。

議会の設立と参政権の拡大: 明治政府は、1875年に初の議会である枢密院を設立しました。さらに、1889年には日本初の憲法である大日本帝国憲法を発布し、帝国議会を設立しました。これにより、一定の選挙権が与えられ、国民の政治参加が可能となりました。ただし、参政権の範囲は制限され、特権階級や地方の代表など一部の人々に限られました。

君主中心の憲法体制: 明治政府は、憲法制定に際しても君主を中心とした体制を維持しました。大日本帝国憲法では、天皇が国家の最高権力者として位置付けられ、立法権や行政権の一部を行使しました。これにより、君主主義的な憲法体制が確立されました。

これらの要素が、明治政府が目指した立憲政治の特徴です。

ペレストロイカ

大日本帝国憲法と帝国議会の特徴は以下の通りです:

大日本帝国憲法の特徴:

君主主義的な体制: 大日本帝国憲法は、君主主義的な体制を採用しており、天皇を国家の最高権力者として位置づけています。天皇は統治権を持ち、立法権や行政権の一部を行使しました。

皇室と国家の結びつき: 憲法は、天皇を国家の象徴として位置づける一方で、皇室と国家との結びつきを強調しました。天皇の地位は神聖視され、国家の安定と繁栄の象徴として位置づけられました。

帝国議会の設置: 憲法は、帝国議会を設置しました。帝国議会は、衆議院と貴族院から成り、一定の立法権を有しました。ただし、天皇に対する絶対的な権限は保持され、天皇の承認がなければ法律は成立しませんでした。

基本的人権の制限: 憲法は一定の基本的人権を保障していますが、その一方で政府の権力を優先し、基本的人権を制限する条項も含まれていました。

帝国議会の特徴:

二院制: 帝国議会は、衆議院と貴族院の二院制を採用しています。衆議院は国民の代表によって選出され、貴族院は貴族や指定議員から成りました。両院は立法権を持ち、法律の制定や予算の審議を行いました。

限定された選挙権: 帝国議会の選挙権は、一定の制限がありました。初期の段階では、地主や資産家などの特定の階級にのみ選挙権が与えられていましたが、後に普通選挙の拡大が進められました。

天皇の権限: 帝国議会で制定される法律は、天皇の承認を必要としました。また、天皇は議会を解散する権限を有しており、政治の安定を図るために積極的に使用されました。

これらの要素が、大日本帝国憲法と帝国議会の特徴です。

ペレストロイカ

chatgptにより引用しました。校閲はしていませんので、使う際は自己責任でお願いします。

さくら

chatgptとは何ですか?

ペレストロイカ

質問するとAIが答えてくれるサービスです。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?