物理
高校生

最後の問題がわかりません💦まずなぜ331.5+0.6tを使わないのかもわからないのに加え、その後の解説の意味もよくわかりません…

7. 長いガラス管の中に長い柄のついた栓をは めこみ、管口のすぐそばにスピーカーを 置いて、これを低周波発振器に接続する。振 動数 600Hzの音を出しておいて, 栓をゆっく A O BC り遠ざけていったところ、 栓の位置が A,B,Cのところで管内の気柱が共鳴し、 OA = 13.0cm,OB=41.0cm,OC=69.0cm であった。 管口のすぐそばの腹の位置は 振動数に関係なく変わらない。 (1) この音の波長は何cmか。 また、開口端補正は何cmか。 2 このときの音の速さは何m/sか。 栓の位置をBに固定して、スピーカーから出る音の振動数を徐々に上げていくとき 次に共鳴が起こる振動数は何Hzか。 気温が20℃高くなったときに、再び振動数を600Hzにして、栓を管口から遠ざけ ていくと、2度目の共鳴点B'は0から何cmのところか。 考え方 気柱の共鳴の問題には、振動数を一定にして気柱の長さを変える場合と,気柱 の長さを一定にして音の振動数を変える場合, の2通りある。 (1) 550 (2) 27/04 (5 (3) (2001 Cro B mo (0 3128 (000kg (4) 42.5
(1) ガラスの円筒の筒口付近が腹、水面が節の定常波ができて いる。 (2) 第1共鳴点から第2共鳴点までの距離 (40.0cm=0.40m) が 半波長である。 波長をすると 12/2 =0.40 ゆえにa=0.80(m) よってv=fi = 440x0.80 =352 (m/s) (3) 気温が下がると, 音の速さは小さくなる(-331.5 +0.6tの 式からもわかる)。よって, 振動数が変化しなければ波長 から、波長が短くな る。 波長が短ければ水位が高い位置で共鳴する。すなわち, 水位は上方に移動する。 m 08.0 X 300 X 02.0 4x4 (2)336m/s (3) 1000Hz 7. 解答 (1) 波長 : 56.0cm, 開口端補正:1.0cm (4) 42.5cm (解説 (1) AB=-12 より i=28.0×2=56.0(cm) よって OL=4-OA=1.00 (cm) (2) V=f2=600×0.56=336(m/s) (3) 600Hz のときは3倍振動で,次の共鳴 では5倍振動となる。 5 600X3 -=1000 (Hz) (4) このときの音の速さはV'=336+0.6×20=348 (m/s) 348 よって''= -=0.58(m)=58.0 (cm) 600 LB'== 4/4×3 2' POINT 気柱の振動 O A x3=43.5(cm) よって OB'=43.5-1.0=42.5(cm) /開端 腹 閉端 L の定常波 40.0 cm B OAの基本 振動と共鳴 OBの3倍 振動と共鳴 t

回答

✨ ベストアンサー ✨

画像の通りです。
なにか分からないところがあれば気軽にどうぞ😊

Iris _cgsz

見るの遅くなってごめんなさい!ありがとうございます!!!

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?