古文
高校生

4がバツになる理由が分かりません。誰か分かりやすく教えて頂けませんか?

「らむ」の識別 品詞と活用形 「わがははの袖もちなでて、わがからに泣きし心をわすらえぬかも」と誦して、いよいよ 親坐す国の恋しう、いかなる宿世にや、かく人の親の心の闇におもひたまへらむと、涙をと どめて...... (来目路の橋) 問 傍線部の解釈として最も適当なものを、次の①~⑤のうちから一つ選べ。 今頃私への慈悲の気持ちをお与えになっているのだろう。 私を思って下さっているのだろう。 ③ 私は母への思いを手紙で差し上げるだろう。 慈悲深くお思いになっているのだろう。 5 母を慈悲深くお思い申し上げてしまうだろう。 この問題も、傍線部を単語に分けることから始めるが、実際はこの分けることその ものが正確にできるかを問われている。 ひとつ一つ確認していこう。まず「たまへ」が本動詞か補助動詞かということ。 2にあるように、「おもひ」という動詞を「お思いになる」というように補助して 武器 +°6 609 944 chapter. すくせ Fou
いる。 名詞で訳している ①と③は×。 では、四段活用? 下二段活用? 「たまへ」という形から、これらは、四段なら已然形、 下二段なら未然形になる。これを確認するためには、下の「らむ」または「ら」の接続の しかたを識別すればよいことになる。 推量の助動詞「む」は終止形接続。 「たまへ」が四段でも、下二段でも、終止形では ないので、「らむ」を推量の助動詞としている④は×。傍線部のこの部分は、「ら」+ 「む」 に決まる。 「む」は推量の助動詞で、 未然形に接続する。未然形が「ら」になる助動詞は、完了の 助動詞「り」だけ。これは、四段動詞已然形か、サ変動詞未然形に接続する。残っている 選択肢と、この判断材料により、「たまへ」を尊敬語とする②が正解とわかる。 已然形に接続する 「らむ」は、完了の助動詞「り」の未然形+推量の助動詞「む」 「私の母が袖を持って撫でながら、私のために泣いた心を忘れることができ ないなあ」という和歌を口ずさんで、ますます親のいらっしゃ どんな因縁であるのだ

回答

✨ ベストアンサー ✨

解説に書いてある通り、推量の助動詞「らむ」は終止形に接続します。
「たまへ」は、「たまふ」(ハ行下二段活用)の未然形なので、推量の助動詞「らむ」という候補は無くなります。
よって、「ら」と「む」で分けて考えます。

②も思って下さっ「ている」と言うふうに現在推量っぽく思えるんですが……

サ変

あれれ…
分からなくなってきました😭
役に立てずごめんなさい。

いえいえ、学校の先生も「問題が悪い」と一蹴していたのでサ変さんは悪くないと思いますよ。
わざわざ解答して頂きありがとうございます

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

疑問は解決しましたか?