地学
高校生

高校の地学基礎です

1枚目の写真が教科書で、2枚目の写真が問題です

問題がさっぱり分かりません

分かる方よろしくお願いいたします

2 太陽をつくる物質とエネルギー ① 指数表記は p.201 参照。 太陽をつくる元素 光をプリズムなどに通して観察すると,さまざまな色にわけて見 ることができる。こうして見えた光の帯をスペクトルという。 太陽光のスペクトルは, 紫色から赤色までさまざまな色の光が連 続して見られることから連続スペクトルとよばれる (図7)。また, 5 きゅうしゅうせん せん 連続スペクトルの中に多くの吸収線(暗線)が見られる。この吸収 線は,発見した研究者の名前からフラウンホーファー線とよばれ ている。フラウンホーファー線は,太陽の大気に含まれるさまざま な原子などが,それぞれ特定の波長の光を吸収するために見られる。』 高太陽光のスペクトルから, 太陽を構成する元素とその量などにつ いて知ることができる。 太陽は, おもに水素(H) とヘリウム (He) か ら構成される。この二つで全質量の98%あまりを占め、酸素(O), 炭素(C), ネオン (Ne), 鉄(Fe), 窒素(N) と続く。 太陽は, ガスで できているにもかかわらず, 平均密度は約1.4g/cm で, 水より大15 po きい(表1)。 実習10 で, 太陽光のスペクトルを観察しよう。 1400 500 600 LCa Fe HB Mg ▲図7 太陽光のスペクトル ▼表 1 太陽の諸量 半径 質量 平均密度 おもな元素※ 太陽 6.960 x 105 km 1 1.989 x 1030 kg 1.41 g/cm³ 水素, ヘリウム, 酸素, 炭素 ※質量比で多い順 Na 地球 6.378 × 10°km 5.974 × 1024kg 5.52g/cm3 鉄,酸素,ケイ素, マグネシウム 波長 [nm] Hα 太陽と地球との比較 約109 倍 約33万倍 約 1/4
(2) 教科書 p154 図7を参考に、太陽の大気に存在する“水素”に吸収されて、地球に届いていない 光の波長を答えなさい。 約( ) nm , * ( ) nm

回答

✨ ベストアンサー ✨

(2) 教科書p154図7を参考に、

 太陽の大気に存在する"水素"に吸収されて、地球に届いていない光の波長を答えなさい

【表7の暗線Hα、Hβの波長を、上の目盛りを頼りに答えなさい。という意味です】

 目盛りが十の位なので、目分量で、一の位まで答えます。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――
補足・参考

Hα:656.281[nm]

Hβ:486.134[nm]

Hγ:434.047[nm]

Hδ:410.175[nm]

むこう

2つの質問とも分かりやすく丁寧に解説してくださりありがとうございましたm(_ _)m

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?