日本史
高校生

御成敗式目によって成分化された基準ってなんですか?

教えて欲しいです。

日本史b 日本史 社会 御成敗式目

回答

✨ ベストアンサー ✨

「御成敗式目」は、1232年に鎌倉幕府の3代執権である北条泰時によって、武家社会で「道理」と呼ばれていた「慣習や道徳」をまとめて制定された、武家社会のための法律です。
 貞永元年に制定されたので、「貞永式目」とも呼ばれます。

 背景としては1221年に承久の乱で勝利した鎌倉幕府は、全国に支配権を拡大させました。しかし、ここで問題が起こります。鎌倉幕府成立以来、武家社会には成文化(規則などを文章化すること)された法律がありませんでした。たぶんそれまでは、各地方によって文化や慣習も違いますし、ルールも異なっていたと思います。「武士的にはこうだから!」みたいな感じで、なんやかんやを片付けていたのかも…😅
 それだといけないので、日本全国どこでも同じルールで平等に判決できる目的として、日本ではじめてつくられた武家法(ぶけほう)になりました。武士がつくった初めてのちゃんとした法律、とゆーことです。

 現在で言えば、裁判の判決(判例)を基準にして善悪を決めました。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?