理科
小学生

小6 (動物の体の働き)
▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃▹◃┄▸◂┄▹◃▹◃┄▸◂┄▹◃
肝臓に運ばれた養分の1部を自動的にたくわえ、必要な時に全身に送り出す。
┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈
この必要な時とは何か、教えていただきたいです❕❕❕
▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃┄▸◂┄▹◃▹◃┄▸◂┄▹◃▹◃┄▸◂┄▹◃
賢い方お願い致します🙇‍♀️🎀

PromotionBanner

回答

分かりずらかったら、すみません!一様関係も無い事も書いてありますが、念の為というだけなので、長い文章だとしても安心してください!

胆嚢は、肝臓で産生された胆汁を濃縮して蓄える器官で、十二指腸に内容物が入ってくる と収縮して腸管内に胆汁を送り込みます!
胆汁に含まれる胆汁酸塩(コール酸、デオキシコール酸等の塩類)は、脂質の消化を容易 にし、また、脂溶性ビタミンの吸収を助けます!腸内に放出された胆汁酸塩の大部分は、小腸 で再吸収されて肝臓に戻されます!(腸肝循環)
胆汁には、古くなった赤血球や過剰のコレステロール等を排出する役割もあります!胆汁に含 まれるビリルビン(胆汁色素)は、赤血球中のヘモグロビンが分解されて生じた老廃物で、 腸管内に排出されたビリルビンは、腸管内に生息する常在細菌(腸内細菌)によって代謝さ れて、糞便を茶褐色にする色素となります!
肝臓は、体内で最も大きい臓器であり、横隔膜の直下に位置します!胆汁を産生するほかに、 主な働きとして次のようなものがあります!
i) 栄養分の代謝・貯蔵・小腸で吸収されたブドウ糖は、血液によって肝臓に運ばれてグリコーゲンとして蓄えら れるiv!グリコーゲンは、ブドウ糖が重合してできた高分子多糖で、血糖値が下がったとき など、必要に応じてブドウ糖に分解されて血液中に放出されます!皮下組織等に蓄えられた 脂質も、一度肝臓に運ばれてからエネルギー源として利用可能な形に代謝されます!
また、肝臓は、脂溶性ビタミンであるビタミンA、D等のほか、ビタミンB6 やB12 等 の水溶性ビタミンの貯蔵臓器でもあります!
ii) 生体に有害な物質の無毒化・代謝 消化管等から吸収された、又は体内で生成した、滞留すると生体に有害な物質を、肝細!
胞内の酵素系の働きで代謝して無毒化しv、又は体外に排出されやすい形にします!医薬品として摂取された物質の多くも、肝臓において代謝されます!アルコールの場合、胃や小腸で吸収されるが、肝臓へと運ばれて一度アセトアルデヒドviに代謝されたのち、さらに代謝されて酢酸となります!アミノ酸が分解された場合等に生成するアンモニアも、体内に滞留すると有害な物質であり、肝臓において尿素へと代謝されます!
ヘモグロビンが分解して生じたビリルビンも肝臓で代謝されるが、肝機能障害や胆管閉そく だん 塞などを起こすとビリルビンが循環血液中に滞留して、黄疸(皮膚や白目が黄色くなる症状)を生じます!

小学生 6年生 理科 動物の体の動き 肝臓
この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?