質問
大学生・専門学校生・社会人

助けてください😵‍💫

)は、生まれた時の子どもを )の存在として捉え、教育 1 0( を印刷術の類比としてとらえる帰納法的(経験論的)認識論の基づく教育観、「合自然の教育」 観(教育は子どもの自然的な成長に即しておこなわれるべきだという考え方)を持っていた。 2. 近代教育学の祖といわれるO( におけるすべての基礎を、絵にょって表示し、名付けた」O( 、近代における教科書の原型となった。 )は、1658年に「世界の事物と人選の活動 )を著した。Oは 3.子ども中心主義を唱えたのは、スイスに生まれ、フランスで活躍したO( あった。Oは、O( )で )という著書の中で、人間の誕生から青年期に至るまでの 教育のあり方を論じた。 4.フランス革命期に、公教育の必要性を説き、近代公教育の基礎理論を築いたのは の( )である。 )は、「近代初等教育の父」と呼ばれ、『ゲルトルート児童教育法』等の 5. 著書を執筆し、それらの中で、「すべての事物を合理的に直観できるようになるための心理学的 な指導法」という )教授法の重要性を指摘した。 )は、「幼児教育の父」と呼ばれ、世界で初めてO( 設した。それは、母子共に学べる花園のような美しい場所となることが目指されていた。 6. )を創 7.アメリカの教育学者の 新しい保育実践を主張した。 )は、Oに批判的で、自発的で自由な遊戯を基本とする 8.公教育の三原則は、 )性、 )性、 )性である。 9. 藩が創設した学校を藩校、一般民衆が創立した学校を( 的なものに、水戸藩のO( ているのは、大阪にある( )という。藩校の代表 )等がある。でよく知られ )と摂津の含翠堂である。@では、大塩平八郎等も )、長州藩の 学んだ。 10. 身分を超え、自由な学問が施されたのは、著名な師匠が開いた@( 代表的なのに、本居宣長の )、広瀬淡窓の( が開いた適塾からは福沢諭吉等が、吉田松陰が開いた( )、山県有朋等、明治期に総理大臣となった人々が輩出された。 )であった。 )等がある。また )か らは( 明治5年、近代日本における最初の学校制度となる( )が公布された。 の冒 )は、「人々自ら~」で始まり、国民皆学、実学主義が 頭に付された( 説かれた。 12. は、急激な欧化政策としての教育内容でもあり、一般民衆には受け入れられなかった。当時 文部大輔であった( 令の草案を作成した。 )は、アメリカに視察に行き、1879年に公布される教育 13. 1879年には、徳育論争と呼ばれる論争が、天皇の側近( )と当時内務卿であ は教学大旨と小学条目二件によって構成される )を起草、仁義忠孝を要とした国家統制教育を主張した。 はこれに反発して )を起草させ、天皇に提出し、日本近代化のためには科学教育こそ った( )の間で起こった。 毅に 重要だと主張した。 14. 1885年初の内閣が組閣され、1882年のバリ会談で伊藤博文が約束した通り )が初代文部大臣となった。 は、翌1886年に )、帝国大学令の四つの諸学校令を公布し、教育制度の整備改革を実 )、中学校 令、( 施した。では、子どもを小学校に通わせることは「父母後見人の義務である」と、小学校教育 に対して、初めて「義務」という文言が法令上用いられた。また、国民皆学の精神に基づき、貧 しい家の子どもに授業料の支払いを求めることなく小学校に就学させるための )を設置することも盛り込まれていた。 の死後、彼の教育政策に対する批判が高まり、1889年より内閣総理大臣となった山県有朋 は、新たな国民道徳の指針となる( 。1890年10月、とともに、新たな小学校制度となる( 町村制との間に生じた矛盾rT用Oにwwム年 15. )を起草することを井上毅に命じた )と、と市制 )が公布され、教育 を王自の+権工に曜く新査のn
著書を執筆し、それらの中で、「すべての事物を合理的に直観できるようになるための心理学的 な指導法」という )教授法の重要性を指摘した。 )は、「幼児教育の父」と呼ばれ、世界で初めてO( 設した。それは、母子共に学べる花園のような美しい場所となることが目指されていた。 6. )を創 2|2 7.アメリカの教育学者の )は、Oに批判的で、自発的で自由な遊戯を基本とする 新しい保育実践を主張した。 8.公教育の三原則は、 )性、 )性、6 )性である。 9. 藩が創設した学校を藩校、一般民衆が創立した学校を( 的なものに、水戸藩の( ているのは、大阪にある@( )、長州藩の@ )と摂津の含翠堂である。@では、大塩平八郎等も )という。藩校の代表 )等がある。でよく知られ 学んだ。 10. 身分を超え、自由な学問が施されたのは、著名な師匠が開いた@( 代表的なのに、本居宣長の )、広瀬淡窓の( が開いた適塾からは福沢論吉等が、吉田松陰が開いた( )、山県有朋等、明治期に総理大臣となった人々が輩出された。 )であった。 )等がある。また )か らは( 明治5年、近代日本における最初の学校制度となる( 頭に付された( 説かれた。 )が公布された。の冒 )は、「人々自ら~」で始まり、国民皆学、実学主義が 12. は、急激な欧化政策としての教育内容でもあり、一般民衆には受け入れられなかった。当時 文部大輔であった( 令の草案を作成した。 )は、アメリカに視察に行き、1879年に公布される教育 13. 1879年には、徳育論争と呼ばれる論争が、天皇の側近( )と当時内務郷であ った( は教学大旨と小学条目二件によって構成される )を起草、仁義忠孝を要とした国家統制教育を主張した。はこれに反発して )を起草させ、天皇に提出し、日本近代化のためには科学教育こそ )の間で起こった。 、井上毅に 重要だと主張した。 14. 1885年初の内閣が組閣され、1882年のバリ会談で伊藤博文が約束した通り )が初代文部大臣となった。は、翌1886年に )、中学校 )、帝国大学令の四つの諸学校令を公布し、教育制度の整備改革を実 令、( 施した。では、子どもを小学校に通わせることは「父母後見人の義務である」と、小学校教育 に対して、初めて「義務」という文言が法令上用いられた。また、国民皆学の精神に基づき、貧 しい家の子どもに授業料の支払いを求めることなく小学校に就学させるための )を設置することも盛り込まれていた。 の死後、彼の教育政策に対する批判が高まり、1889年より内閣総理大臣となった山県有朋 15 は、新たな国民道徳の指針となる( 。1890年10月、とともに、新たな小学校制度となる( 町村制との間に生じた矛盾を解消するための法律( を天皇の大権下に置く教育の( )を起草することを井上毅に命じた )と、 と市制 )が公布され、教育 )が成立した。 16. では、小学校の教員人事、教育内容に関しては、( )とされ、国家が市 町村長に委任し住民の意見を取り入れずに支配することが可能となった。
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉