回答

✨ ベストアンサー ✨

「ある程度」の「ある」=連体詞
ア:「分かっている」の「いる」=助動詞
イ:「そう簡単ではない」の「そう」=副詞
ウ:「その下がある」の「その」=連体詞
エ:「ほかにだれもいない」の「ほか」=名詞
なので、イではなくウになります!

簡単 って名詞じゃないんですか?どうして程度は名詞なんですか?🙇‍♀️

YouTuber へれず

簡単→簡単だ です。
なので形容動詞です。

ハナシマ

「そう簡単ではない」を細かく分けると、「そう=副詞」「簡単で=形容動詞の連用形」「は=助詞」「ない=形容詞」になります。
(「ない」は助動詞と形容詞、どちらもありますが、「ぬ」で置き換えられるのが助動詞の「ない」で、置き換えられないのが形容詞の「ない」です。)

なるほど!ありがとうございます!
因みに副詞ってどうすればわかりますか?🙇‍♀️

ハナシマ

後ろに用言=動詞or形容詞or形容動詞がくるのが副詞です!今回の「そう簡単ではない」の場合は、後ろは「簡単だ」という形容動詞が来ていると分析する必要がありました。
そもそもですが、連体詞+体言の場合は、それだけで日本語として成立するという特徴があります。「そう簡単」だけだと日本語としては成立しません。ここからも、「そう」が連体詞ではないことが分かります。(「ある程度」「その下」は違和感がない)
ややこしいですね💦

なるほど!ありがとうございます!🙇‍♀️🙇‍♀️

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?