回答

✨ ベストアンサー ✨

二次関数の変化の割合を求める公式が存在しており、その公式が

y=ax²にて、xの値がpからqまで増加する時、その変化の割合は、
a(p+q)
という公式があります。これを使って楽に求めます。
一次関数の変化の割合は傾きを指すので、6です。この変化の割合6が二次関数の変化の割合にもなるので、
1(a+a+2)=6という方程式が成り立ちます。
これを解くと、2a+2=6なので、a=2

ビビン麺~

ありがとうございます!!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選