回答

✨ ベストアンサー ✨

A~Fまでの距離が15km。
普通列車は時速45kmなので、止まらずに進めば20分。
1駅間は4分。
途中駅で4回停車。そのうち3回が1分。
全部で27分かかっているので27-20-3=4
①C駅での停車時間は4分。

急行列車は時速72kmなので、60で割って分速に直すと1.2km。
きょりが15kmなので、15÷1.2=12.5 12分30秒かかる。
急行列車がC駅で追い付く時間は、普通列車が出発してから12分後の10時12分。4+1+4+3=12
急行列車は1分で1.2km進むので、6km進むのに5分かかるから、
②出発時間は10時12分の5分前で、10時07分。

10時07分に出発して12分30秒後に到着するので、10時19分30秒。

急行列車と普通列車の時間差は7分30秒。
③7分30秒前に到着。

絶対合格

ご丁寧に教えていただきありがとうございます

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選