回答

✨ ベストアンサー ✨

上の式は普通に考えてx+y=750ですよね
で、下はかかった時間を等式で表せばいいんです
なので、兄が進んだ道のりは、750+y それを分速80mで進むので、兄が750mとy mを進んだのに要した時間は
750+y/80 となります
弟は、x mを分速80mで進み、3分後に進み出しているので
弟がx mを進むのに要した時間は x/60 +3 となります
これを解くと、x=510 y=210 となるので、
xは510m yは210m となる

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

距離をx,yにしてるので
もう一つの式は時間の式になる

兄の歩いた時間=弟の歩いた時間+3分

という式にしたい

時間=道のり/速さ で表せる

兄の歩いた道のり=x+y+y
弟の歩いた道のり=x

これで連立方程式の
もう一つの式を作って解いてください

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選