政治・経済
高校生

経済活動と法の教科書問題の
p76の確かめてみようの解答教えてください!

(1) 売り主は,契約の履行前に受け取った手付をそのまま返せば,売るこ 確かめてみよう [語群] ア.贈与 イ 次のなかから正しい文を選んで, その番号を答えなさい。 エ.公信の原則 オ。 1 3 次の文の のなかに左 (1) 売買契約は。 ア イ とをやめることができる。 (2) 不動産所有権の移転の時期 5 (2) 土地が二重譲渡された場合には,先に譲渡を受けた人が,正当の権類 一般的である。 者になる。 (3) 動産の発装にあたって, 売 (3) 登記してある権利を他人に移転するための登記を,保存登記という。 ら買いまに変すことをエ] (4) 動産所有権を移転した場合,その対抗要件は目的物の引き渡しである。 (4) 動産の即場収得の例外とし (5) 家屋の登記簿上の所有者で,真実の所有者でない者を,真実の所有者 (5) 指図証券の譲渡は証券に口 10 だと信じて,その家屋を善意無過失で買った人は, その所有権を取得す ることができる。 (6)債権を譲渡する場合に, 売り主と買い主の間では, 契約だけで債権が 移転する。 (7) 債権の譲渡については, 公信の原則が認められている。 (8) 買った家具にきずがついていたことを,あとで発見したが, 買ったと の き気づかなかったのだから,あきらめるよりしかたがない。 (9) 売買の目的物が契約の内容に適合しない場合, 買い主は契約を解除す ることができる。 (10) 贈与の約束は口頭であっても,後日解除することはできない。 2次の説明文にあてはまる用語を,次ページの語群のなかから選んで, その記号を答えなさい。 (1) 新しくたてた建物の所有権を明らかにするため,所有者がはじめて行 う登記。 (2) 物権変動において, 登記や占有など, 権利がありそうな外形を信じて 取引をした者を保護するために, その権利の取得を認める原則。 (3) 売買の目的物を完全なものとして売り主が保証したような形で, 売り 主が買い主に対して責任を負う制度。 (4) 双務契約で, 一方の債務が, 当事者双方に責任のない原因で履行でき なくなったときに, 他方の債務の履行を拒めるとする制度。 (5) 無償で財産権を与えることを約束し, 相手方がこれを承諾するとい 契約。
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選