Japanese classics
高中

落窪物語についてです。1枚目の写真の3行目のたち出で給へは少将から誰に対する敬意ですか?
(2枚目は現代語訳です)

140 たちはき 第8問 次の文章は、ある不遇な姫君の所へ少将道頼が通ってきた箇所を叙している。なお、本文中に出る帯刀は少将の従者 であり、あこきは姫君に仕える侍女で、帯刀とは恋仲であった。この時、帯刀は既にあこきの所に来ていた。読んで、 後の設問に答えよ。 女君、人なき折にて、琴いとをかしうなつかしう弾き臥し給へり。帯刀をかしと聞きて、「かかるわざし給ひけるは」 と言へば、「さかし。故上の六歳におはせし時より教え奉りへるぞ」と言ふ程に、少将、いと忍びておはしにけり。 人を入れ給ひて、「聞ゆべきことありてなむ。たち出で給へ」と言はすれば、 帯刀、心得て、おはしにけると思ひて、 心あわただしくて、只今対面すとて出でて往ぬれば、あこき、御前に参りぬ。 へば、ひも、「いと弱く 少将、「いかにかかる雨に来たるを、いたづらに帰すな」と宣へば、帯刀、「まづ御消息たまはせて。 音なくてもお はましにけるかな。1人の御心も知らず。いとかたきことにぞ侍る」と申せば、少将、「いといたくな直だちそ」とて、 とと打ち給へば、「さはれ、降りさせ給へ」とて、もろともに入り給ふ。 御車は、「まだ暗きに来」 とて帰しつ。 ど ものいみ わが曹司の遺戸口にしばしゐて、あるべき事を聞ゆ。人少ななる折なれば、心やすしとて、「まづ垣間見をせさせよ」 と宣へば、「しばし。 心劣りもぞせさせ給ふ。物忌の姫君のやうならば」と聞ゆれば、「笠も取りあへで、袖をかづき て帰るばかり」と笑ひ給ふ。格子のはざまに入れ奉りて、留守の宿直人や見つくると、おのれもしばし簀子にをり。 (注)〇人なき折―この時、姫君の継母たちは、従者をつれて石山寺に詣でていた。 この時には他界していた配書 すのこ (『落窪物語』巻一)
もりた」と 石 手法がある。その 」ということなのである。 る経過を含めて記述す 結論先述)、後に、それに 分が「わが曹司の戸口にしばし て、一方、少将と刀である。姫君とあこきの様子を描 J 少将たちのことも同時進行風に描くのは、演劇風手 える。 者たちは、石山寺に行っていたので、誰もいないか いられるということで、少将は「まず、のぞき見 ずる。 ほ「心劣りもぞせさせ給ふ」と言ったのである。 想していたものより実際が劣ること」の意で、 ある。 「もぞ」 や 「もこそ」は、近い将来に対 抱き、「~でもしたら、いけない」の意であ 鼎ふ」の主体は、「あなた=少将」と見て、敬 おさえられる。 加ざけた感じで言っている。頭の中で、まだ 君を美化しすぎていて、実際に会った時に、 かったとお思いになるといけません、という して、ことばを継いで、「もし、姫君が「物忌み 配だ。こんな雨降りの時に来ているのだか そ」とおっしゃると、帯刀は、「まずはお お手紙もないままおいでになっ すのこ 通解 解 答 問 「おのれ」は、人称に関係なく使える語で、 現代語の「自分」 にあたる。「のぞき見をしたい」という少将を格子の間に入れて、 「留守番役の宿直人が見つけるか」と思って、自分もしばらく 子にいるというのである。この主体には無敬語であるから、 帯刀の動作と見ることになる。 姫君は、邸内に従者が少ない時であるから、琴をたいそう上手 に手慣れた様子で弾き、横になっていらっしゃる。 帯刀は「すば らしい琴の音だ」と聞いて思って、「姫君はこれほどにお弾きにな るのですねえ」と言うと、「そうですよ。姫君の今は亡き母上が、 姫君が六歳でいらっしゃった時から、お教え申しあげなさってい るのです」とあこきが言っている折に、少将はたいそう人目を忍 んでおいでになった。人を邸内にお入れになって、「申しあげた いことがありまして。お立ちいで下さい」と、その者に言わせる HER ので、帯刀は、それとわかって、「少将殿がおいでになったこと よ」と思って、気ぜわしい様子で、「すぐにお目にかかります」と 言って出て行くので、あこきは姫君の御前に参上した。 問一 そうですよ

解答

尚無回答

您的問題解決了嗎?

看了這個問題的人
也有瀏覽這些問題喔😉