国語
小学生

「 6年生になって
〜6年生としてあるべき姿〜」
かっこいい、それが○○小学校に入学して1番最初に抱いた感情である。
入学式の時、緊張しないように話しかけてくれた6年生。掃除を手伝いに来てくれた6年生。いつも教室に遊びにきてくれた6年生。今思えばそんな6年生は他学年の目標であり象徴であった。今、自分が6年生という立場に置かれ、いつしか抱いていた感情を他学年に繋げていくにあたって自分自身を見直すことが大切だと考えた。それは日々の挨拶だったり行動だったりと人それぞれである。一人ひとりが最高学年としての自覚をもち他学年へ、かっこいいという思いを受け継いで行こう。

この文章どうですかね…
改善した方が良いところご指摘下さい

国語 作文

回答

入学式の時、緊張しないように...となっている所は、
入学式の時、私が緊張しないように...の方が主語が入っていて良いと思います。

あってもなくても良いとは思いますが、
いつも教室に...は
休み時間や空き時間に遊びにきてくれた...にするといいかもしれません。

他学年の目標であり象徴であった。から
今、自分たちが.,の部分は、話が飛びすぎだと感じたので、
そんな6年生は他学年の目標であり象徴であると感じたため、今自分が6年生...
に繋げるといいかもしれません。

それ以外は大丈夫だと思います。

あくまでも参考程度に...

Maо

ありがとうございます!
参考にさせていただきますm(_ _)m

この回答にコメントする

「今、自分が」って書いてるのに「人それぞれである」は、ちょっとだけ矛盾してるんじゃないですか?それだったら、「今、何をしようとしているかは人それぞれであるが、自分はこうしたいと思う」っていうのを、具体的に入れてみるのもありだと思います。頑張ってね!

この回答にコメントする