日本史
高校生

直垂と束帯の違いを教えて下さい

回答

直垂は庶民の日常着でした。
平安以降に武士の世の中になると、次第に、軽快で動きやすい服装を好んだ武士たちが、フォーマルな服装として用いるようになりました。

それに反し、束帯は今でいう、燕尾服レベルの超フォーマル服です。
本当に重要な儀式の時に、参列する貴族が纏っていましたが、平安以降貴族の財力が衰えると着用されることが少なくなっていきました。

仕事に行くときに着るスーツぐらいの服が、「衣冠」と呼ばれる装束で、上流貴族はこれを着て大内裏に出仕していました。

長くなってすみません😓

この回答にコメントする