古文
高校生

高校古典です!!
玉勝間の師の説になづまざることについてです!!
最後の『そはいかにもあれ』は現代語訳するとそれはどうでも良いことだになるのですがそれとは何を指すのですか?
どなたかよろしくお願いします🙇‍♀️

たと つくろ て、 接助(単純) ナリ・用 よさまに ただ師を んは、 ひら 八四・用 ラ変・未・補 仮・体係助(区別)副 取り持っているとしたらそれは、 体裁よく 尊みて、 のみ 助(対象) 副助(限定) マ四・用 接助(単純) ただ師の存在)だけを尊んで、 思はざる 助(対象)助(区別) 八四・未打・体 (学問の)道を大切に)思わない態度で のりなが みち たふと なり。 2宣長は、 道を 断・終 係助(区別) 尊みいにしへを 助(対象) マ四・用 思ひて、 助(対象) 八四・用接助(単純)ナリ・用 ひたすら ひたるに道の ある。 宣長(私)は、 (学問の) 道を尊んで、古代のことを大切に思って、 おも こころ むね を 思ひいにしへの 格助(対象) 八四・用 意の 明らかな ことを 旨と 故に、 助 (連体) 格助(主格) ナリ・未 婉・体 助(対象) (原因) を思い、 古代の精神が 明らかになることを 第一と思うために、 副詞の呼応 たふと ことわり わたくしに を 尊心理の 欠け ことを ば、 えし 助(状態) (対象) マ四・体格助(主格) カ下二・未・体 ざること 助(対象)係助(区別) 副副助(強意)係助(強意) マ上一・未打・体 配慮できないことが も 顧み 師を尊ぶ道理が 欠けるようなことを、 どうしても 個人的に 、 ある なほ わろしと、 そしらん人は ・ラ変・体格助(対象) 副 あるのを、 やはりよくないと、 終 格助(引用) ラ四・未婉・体 非難するような人は そしりてよ。そは 保助(区別) ラ四・強・命 非難して結構だ。 せんかたは 「保助(区別)ク・終 それはどうしようもない。 保助(区別) 私は ひと ひと 人に こころ そしられじ よき 格助(受対) ラ四・未受・未打意・終ク・体 非難されないようにしよう、よい人に ならんと て、 助(結果) ラ四・未意・終格助(引用)接助(単純) なろうと思って、 道を 曲げ、 いにしへの 人から 助(対象) ガ下二・用 (学問の)道を曲げ、 助(連体 古代の精神 副詞の呼 を 曲げ 助(対象) ガ下二・用 接助(単純)副 を曲げて、 て、 さてあるわざは ラ変・体 結びの省略(ある) ず 保助(区別) 副サ変・未・打・用係(強意) そのままでいることは とてもできない。 ●これすなはち わが ん。 師の 道を 明らかならんこと 助(主格)ナリ・未 婉・体 (学問の)道が明らかになること おも 思ふが (引用) 八四・体格助(連体) 14 心なれ ・巳 たらそれは、ただ師の存在だ けを尊んで、(学問の)道を 大 切に)思わない態度である。 1宜 長(私)は、(学問の)道を尊んで、 古代のことを大切に)思って、 ひたすら(学問の道が明らかに なることを思い、古代の精神が明 らかになることを第一と思うため に、個人的に師を尊ぶ道理が欠け るようなことを、どうしても配慮 できないことがあるのを、やはり よくないと、非難するような人は 非難して結構だ。それはどうし ようもない。私は人から非難さ れないようにしよう、よい人にな ろうと思って、(学問の)道を曲げ、 古代の精神を曲げて、そのままで いることはとてもできない。こ れはつまり私の師の考えであるの で、かえって師を尊ぶことでもあ るはずではないか。それはどう でもよいことだ。 接続 助(連体) 助(体) これはつまり 結びの省略(あらん) 「私の師の 考えである たと ば、 かへりては 師を 尊むにも ある べくや。 接助(順確原因) 副 ので、 係助区別) そは かえって 助(対象) マ四・体断用係助(強意)ラ変・体・補当・用保助(疑問) 師を尊ぶことでも あるはずではないか。 いかにも あれ。 区別 保助(同)ラ変・命 それはどうでもよいことだ。

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?