回答

GとIは、Hへの輸出がそれぞれ81.2%、73.6%と高くなっているので、GとIはカナダかメキシコのいずれかで、アメリカへの輸出が大きなウェイトを占めていることを示しています。
GとIですが、Gの方はドイツ(EU最大の工業国)と韓国がランクに入り、Iはイギリスと日本が入っています。
このことから、Iがイギリスとの結びつきが深い(旧植民地でイギリスからの移民の子孫が多い)カナダだと考えられます。
だから、メキシコがG。

Gがメキシコ、Hがアメリカ、Iがカナダだとすると、木材や原油・天然ガスなどの原材料・燃料のウェイトが他の国よりも高いと考えられるのでY。
答は、GとYの組合せの②。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉