英語
高校生

私はI regret learning not to play the piano.にしてしまいました。
弾けるようになれなかったでtoの否定形だからnot toにしたのですが、答えはnot learning toでした。
理由を説明して頂きたいです😭

ai tad 8 ton i tili 517 私は,子どものころにピアノが弾けるようになれなかったことを,本当に悔や 図んでいます。 ONL noitog I (piano / do / learning / play / to/ the / not / regret) when I was a child. < 関西学院大) LOX ROXAS

回答

✨ ベストアンサー ✨

notの役割として
not以下の内容を否定するという役割があります。
わかりやすい例を上げましょう。

don't have to V~ ~しなくていい
must not V'~ ~してはいけない

これらがなぜ意味が違うのかということはnotはnot以下を否定するということが分かっていれば理解できます。

I don't have to open the door.は
I do not have to open the door.のことです。
I doの時点で私は何かしらするということがわかります。何をするかと言うとnot have to open the doorをするのです。ドアを開けなければならないという義務に従わなくていいということをするということ、つまり、ドアを開けなくていいことをするってなるので私はドアを開けなくていいという意味になるのです。
それに対し
I must not open the door.では
I mustの時点で何かしらしなければならないのです。何をというとnot open the doorをです。つまりドアを開けないということをしなければならない、ドアを開けてはいけないとなるのです。

これを考えれば
ピアノを弾けるようにならなかったというのは
learning to play the pianoが出来なかったわけです。つまりこの塊を否定する訳ですからlearningの前にnotが置かれるわけです。toの前だとピアノを弾かないことができるようになるとなるのであまりにも遠回しすぎるのでだめです。

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?