歴史
中学生

蘇我氏と物部氏は自分の支持する皇子を大王にしようとしていたのに、推古天皇に即位されて不満にならなかったのですか!?💭

なし、 と う 聖徳太子は、どのような政治を目指したのでしょうか。 聖徳太子の政治 ちょうせん くだら 5 p.37 朝鮮半島では、6世紀に百済や新羅が勢力を ひゃくさい しん ら やまと かや 強め,大和政権と密接な交流があった伽耶地 p.36 へいこう 域の国々を併合しました。 op.37 ごうぞく このころ日本では、地方の豪族が反乱を起こし, また大和政権 それが4もののべ おう の中でも、蘇我氏や物部氏などの豪族が, それぞれの支持する皇 じ おおきみ PO 子を大王にしようとして争いが続きました。 この争いを和らげる だいおう しょうとくたいし うまやどの 2 ために女性の推古天皇が即位すると, おいの聖徳太子(厩戸皇子) 世紀 立つしょう かのうまこ ちゅうごく が摂政になり、蘇我馬子と協力しながら、中国や朝鮮に学んで、 てんのう② 王 (天皇) を中心とする政治制度を整えようとしました。 なかで かん いじゅう に かい いえ もかんむりの色などで地位を区別する冠位十二階の制度は、家 がら 柄にとらわれず,才能や功績のある人物を,役人に取り立てよう としたものです。また、仏教や儒学の考え方を取り入れた十七条 じゅうしちじょう けんぼう 3 ➡p.30 p.26 の憲法では、天皇の命令に従うべきことなど, 役人の心構えを示 しました。 ずい ていこく 中国では6世紀の末に、隋が南北朝を統一して強大な帝国を造 p.37 り上げました。 そこで日本は, 東アジアでの立場を有利にし,隋 この見開きの時期▼ 84012345 の 込 2 994 $= 10
聖徳太子 冠位十二階 推古天皇

回答

✨ ベストアンサー ✨

推古天皇が即位する前に、蘇我氏と物部氏の争いは蘇我氏の勝利によって幕を閉じていました。ここから物部氏は歴史の表舞台から姿を消します。
推古天皇は母親が蘇我氏で、一族の血が入っているので蘇我氏にとっては都合のいい存在だったのです。
だからきっと不満にはならなかったのだと思います!!

g

よく分かりました!ありがとうございます✨

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉