生物
高校生

遺伝子の発現の流れが分かりません。

この6つの図の意味は理解出来ますが、それぞれがいつどこでとの順番で行われているのかが分かりません。

それぞれ場所と、順番を教えて頂きたいです💦

クトースがあるとき グルコースがなくラ トリプト 過剰にあるとき フ ァンが 酵素合成の誘導 [プロモーター 調節遺伝子 DNA- 転写↓ mRNA 合成 [リプレッサー DNA 「酵素合成の抑制 調節遺伝子 転写 ↓ mRNAM 合成 ↓ 不活性型の リプレッサー 転写調 |節領域 RNAポリメラーゼ ラクトースの代謝 産物が結合すると かぎが外れる 18 プロモータ トリプトファン | が結合すると 【かぎがかかる の調 [調節タンパク質] オペレーター 構造遺伝子 移動 CH トリプト ファン ↓ 転写 MmRNA 凸 合成 00 ■ラクトース - ラクトース分解酵素 ○○○ ラクトースが分解される ・オペレーター 構造遺伝子 転写されない 「RNAポリメラーゼが結合し ないのでオペロンははたら かない。 そのため, トリプト ファン合成酵素は合成され ず, トリプトファンの合成は 止まる ラクトースの代謝産物 が誘導物質となってリ プレッサーと結合し、リ プレッサーがオペレー ターから離れるため, RNAポリメラーゼはプ ロモーターに結合する ことができる。そのた め, ラクトース分解酵 素遺伝子がはたらき , ラクトース分解酵素の 合成が開始される。 トリプトファンが結合 して活性型となったリ プレッサーがオペレー ターと結合するため, RNAポリメラーゼはプ ロモーターに結合する ことができない。 その ため, トリプトファン 合成酵素遺伝子ははた らかず トリプトファ ン合成酵素の合成は起 こらない。 グルコースがなくアラビノースがあるとき,調節タンパク質に • mill late 13 Ek -DNA 〔基本転写因子 転写複合体 →遺伝子 プロモーター RNAポリメラーゼ
DNA 2本鎖 糖・デオキシリボース 塩茎・・・ATGO DNA DNA ・P鎖)(鋳型) 【スプライシング DNA RR 転写の方向 É mRNA rRNA 原核細胞のタンパク質合成 〔リボソーム (本鎖 RNA 糖・・・リボース 塩・・・AVGC mRNA せんりれる性 (細胞質) ・核膜 (H2N (N末端) ( [CRNA) [16 リボソーム FERNA mRNA という。 BUZERNA UAC メチオニン ポリメラーゼ タンパク質合成 (翻訳の方向 合成中のポリペプチド リボソーム AMP バリン CAA <バリン <プロリンセリン coon アンチ AUGUUCCAAGUGG お写させる } 翻訳 UCACCG D ・ペプチド 結合 ポリペプチド
エキソン インドロン エキソンイントロンエキソン 転写 泥列を ドドしてないから 3 (1 リーディンク]鎖 ラサンク 53 リン酸 デオキシリボヌク 「レオシド三リン酸 ]鎖 第1弾 スプライシング 5 PPPA 細胞質へ移動 DNAリガーゼ 第2弾 [12 DNAポリメラーゼ] [15 岡崎フラグメント] JULY mRNA -GCTAAT- 第3弾 - CGATTA- F 二重らせんほどい 11本鎖にある。 DNA ベリカーゼ XX プライマー (RNA) -GCTAAT -CGATTA -CGATTA -GSTAA
生物 遺伝子 発現 複製

回答

✨ ベストアンサー ✨

添付した図のように並べてみました。
これで分かるでしょうか?

ぽん

ありがとうございます😭すごくわかりやすいです😭

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?