化学
大学生・専門学校生・社会人

サイエンス社の分析化学より、
テスト勉強で解説が無く理解出来ずで焦ってます…誰か助けてくださいー(><)

-台えよ.だだし,塩化銀の溶解 2 銀(I)イオンの重量分析 度積は, Kap =1.0× 10~10 である. (1) 4.0× 10-3 M AgNO3 水溶液 200 mL を試料とするとき,平衡時の At 濃度を 4.0 × 10-7 M とするためには, 0.010M NaCl 溶液を何 mL 加えれ ばよいか? (2) 0.010M NH3を含む溶液における AgCl の条件付き溶解度積 Kap'を求め 沈殿滴定は 陰イオンの正 定,滴定曲線に よ。 (3) 試料水 200mL が, 4.0× 10-M AgNO3 と 0.010M NH3 を含んでいる。 このとき,平衡時の溶液の銀の全濃度を 4.0×10-" M とするためには, 1.0M NaCl 溶液を何mL 加えればよいか? 3 鉄のサプリメント錠剤 30 粒を浴溶解した試料に適当な量の尿素を加えて 100℃ に加熱した。溶液中の鉄を完全に沈殿させ, これをろ過,乾燥した後,850 ℃で 1時間強熱した。得られた沈殿の質量は 0.372gであった.この操作で共沈は無 視できるとする. (1) 沈殿形とひょう量形の化学式を記せ、 (2) 錠剤1粒当たりの鉄の平均質量を求めよ。 4 硫酸銅(II)五水和物中の硫酸イオンと銅イオンを重量分析で定量する実験の計 画を立てよ。 5 ニッケルクロム合金中のニッケルとクロムを重量分析で定量する実験の計画を 立てよ。 6 共沈法による微量元素の分離 濃縮の例について調べてみよ。

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉