回答

✨ ベストアンサー ✨

写真を見ていただけたらわかると思います。
これでどうでしょうか?

ほの

ありがとうございます!!よかったら他のところも解説していただけませんか?

pino

どうでしょうか?

ほの

ありがとうございます!!

この回答にコメントする

回答

関係代名詞は、2つの文を、同じ共通のものを指す「名詞」をノリシロのようにしてつなごうというものです。
The girl is beautiful. She is reading a book.
この文だと、the girl と she が同じ人を指しています。
The girl is beautiful.
She is reading a book.

The girl who is reading a book is beautiful.
その少女は、誰かというと1冊の本を読んでいるんだけど、美しいです。
→1冊の本を読んでいますその少女は美しいです。

私たちが昨夜食べたケーキはとても大きかった。
→私たちは昨夜ケーキを食べた。そのケーキは大きかった。
主語は「ケーキは」だから、それを主語として文頭に置きます。
そのケーキは<>大きかった
  そのケーキを私たちは昨夜食べた
そのケーキは、(それを私たちは昨夜食べたんだけど)大きかった
The cake which we ate last night was very big.

この歌は彼女を有名にした。
英語は、
誰が(何が)+どうする
誰が(何が)+~です(be動詞)+名詞・形容詞(何・どんな)
誰が(何が)+どうする+何を
誰が(何が)+どうする+誰に+何を
誰が(何が)+どうする+何(誰)を+名詞・形容詞(何・どんな)
みたいに並べます。
この歌は+した+彼女を+有名な(に)
This song made her famous.

ほの

ありがとうございます!!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選