回答

✨ ベストアンサー ✨

淳仁天皇は恵美押勝が擁立に関わっているので、淳仁天皇が力を持っていると恵美押勝は自分の意見を政治に反映させることができます。
しかし、孝謙太上天皇は道鏡を寵愛しているので、孝謙太上天皇が力を持っていると政治の立場が道鏡に奪われてしまうと思ったのだと思います!

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

おぽめさんの回答に補足します。教科書には「恵美押勝は後ろ盾であった光明皇太后が死去すると孤立を深め」とありますが、そこもポイントです。恵美押勝は藤原仲麻呂です。教科書の隣のページ(50ページ)の系図で、光明皇太后と藤原仲麻呂の関係を見てみましょう。光明皇太后は藤原不比等の娘、仲麻呂は不比等の孫で、どちらも藤原氏です。さらに光明皇太后は孝謙太上天皇の母親でもあります。ですから、光明皇太后は、娘の孝謙太上天皇をおさえつつ、藤原仲麻呂の政治権力の後ろ盾の役割をしていたわけで、その光明皇太后の死は仲麻呂の政治権力を弱め、それに代わって母におさえられていた孝謙太上天皇の政治力を高めることになったのです。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選