回答

✨ ベストアンサー ✨

1枚目
y=4のときのxの値がaのどちらかa+2である。ただし、0≦y≦4から、a≦0,a+2≧0であることに注意。
y=x²にy=4、x=aを代入すると…
y=4、x=a+2を代入すると…

2枚目
y=ax²のとき、xが〇から△まで増加するときの変化の割合は
変化の割合=a×(〇+△)
これにそれぞれ当てはめるだけ

3枚目(3)
ABが共通しているので、△OAB=△PABとなるには、AB//OPであればいい。
AB//OPということは、ABとOPの傾きが等しくなる。
OPは傾きがABと同じで点Oを通る直線になり、その直線と放物線との交点がPになる。

E.

ありがとうございます🙇‍♂️🙇‍♀️

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選