PromotionBanner

回答

点Pは、y=-(1/2)x+6 上にある点です

 y=-(1/2)x+6 は、x座標とy座標の関係を表す式です

 つまり、y座標は、y=-(1/2)x+6 の(x)にx座標を代入することによって求められます

それで、x座標を(a)とすると、式のxに(a)を代入することにより

    y座標が、-(1/2)a+6 と求められます

点Rですけどそれであってますか、?

みと

失礼しました

「2分の1a+6 なんですけど、なんでですか?」というご質問だと思いましたが

「(1)の答え」でしたね

点Pは、x座標を(a)とすると、式のxに(a)を代入することにより、y座標が、-(1/2)a+6 と求められ、

点Qは点Pとx座標が等しいので、Qのx座標が、-(1/2)a+6

AQが、二等辺三角形の頂点から下した垂線なので、Qが底辺ORの中点になり、

OR=2OQで、Rのx座標は、{-(1/2)a+6}×2=-a+12 となります

みと

御免なさい。PQ=QR を、PO=PRと勘違いしてしまいました。

m(__)m。

PCからだと消せないようなので・・・2つめのコメントはは全く無視してください

この回答にコメントする

QのX座標がaで、pqの長さが2分の-1a+6ですpq=qrより、rのX座標はa+ 2分の-1a+6 =2分の1a+6です!!

そういうことか!ありがとうございます!!

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選