古文
高校生

この意味がよく分かりません😔
どなたか簡単に言うとどんな話なのか教えて頂けませんか??💧
宜しくお願いします!!!!!!!!!🙇🏽‍♀️🙇🏽‍♀️🙇🏽‍♀️🙇🏽‍♀️

1B) (文章Iの方が誤りである 「花に鳥をつけない」という兼好法師の説は誤りだて梅の作り枝に雑をつけて贈ったというエ キト|(鑑) 体 ラ四(謙)·体 むかし、おほきおほいまうちぎみときこゆる、おはしけり。つかうまつる男、長月ばかりに、梅の作り枝に、娃をつけて奉る 昔、 ラ四(議) 太政大臣と申し上げる人が、 いらっしゃった。お仕えする男が、 九月頃に、 梅の作り枝に、 姓をつけて献上する とて ということで、 ここに「きじ」が隠されている 打消·体 断定·用一 我たのむ君がためにと折る花はときしもわかぬ物に ぞありける 私が頼みにするあなたのためにと思い折る花は、季節の区別がないものであったのですね(私は時の区別なく、いつもあなたにお仕えしましょう)。 完了·用 とよみて、奉りたりければ、いとかしこくをかしがり給ひて、使ひに禄たまへりけり。 と詠んで、 州 献上したところ、 (太政大臣は)並々でなく面白がりなさって、使者に(男への)ぼうびをお与えになった。 【文章1】 長 vヤ 、まのかみやすまさあそん 夫木抄第三、家集中、右馬頭保昌朝臣のもとに、梅の枝に難をつけて送るとて、祭主輔親 『夫木抄』第三巻の、家集の章の中で、右馬頭保昌朝臣のところに、梅の枝に姓をつけて送るということで、祭主輔親の歌 すけち会」 春の野のきぎすの羽風あふげどもねぐらの梅はちらずぞありける 春の野原の姓の羽風であおいでも、鷲のねぐらの梅は散らないでいたなあ。 やれづれ草に、「花に鳥つけぬ」といふ説を書きて、ここを引きて、作り技なれば、つくるかといひたれど、夫木抄の歌によ 『徒然草」 木抄」の歌によると、 、「花(の咲いている枝)に鳥はつけない」という説を書いて、この部分を引用し、「(これは)作り枝なので、鳥をつけるのか」と述べていたが、「夫 打消·体 当然·止 れば、「つけめぬ」といふは、すべて誤りなるべし。 点やさ 譜規(花の咲いている枝に鳥は)つけない」というのは、全くの間違いであるに違いない。 十余りの つ。 【区崎目) 。宗物不輔。六塩酢の 小る主人公中心 平 按ずるに、つれづれ草に云ふ、「岡本の関白殿、さかりなる紅梅の枝に、鳥一双をそへて、この枝につけて参らすべきよし、 考えてみるに、「徒然草」に言うのは、「岡本の関白殿が、 盛りの時期の紅梅の枝に、 一対の鳥を添えて、 この枝につけて献上せよという旨を、 枝にふたつつくる事も存じさぶらはず」と申しけ 枝に二羽をつけることも存じません。」と申し上げたところ、 O たかがひしもつけののたけかつ一 御膨飼下毛野武勝に仰せられたりけるに、 御鷹飼の下毛野武勝にお命じになったところ、(武勝は)一 サ下二(謙)·命 れば、膳部に尋ねられ、人々にとはせ給ひて、また武勝に、「さらばおのれが思はんやうにつけて参らせよ」と仰せられければ、 白殿は)料理人にお尋ねになり、人々に問いなさって、また武勝に、「それならばお前が思う通りにつけて献上せよ。」とお命じになったので 腕曲,体 せん ぶ に けるやませ。
梅の花を用いたのは戯れなので、梅の花を用いることを作法とするのは不適当である。だから契沖の説 全品詞分解 サ下二(謙)·用一 花もなき枝に、ひとつをつけて参らせけり。武勝が申し侍りしは、「柴の枝、梅の枝、つぼみたると散りたるとにつくる、五葉 (武勝は)花もない枝に、(鳥を)一羽つけて献上した。武勝が申し上げましたことには、『柴の枝や、梅の枝の、つぼみであるものと(花の)散ったものとにつける、五 などにもつく』。中略。長月ばかりに、梅のつくり枝にきじをつけて、「君がためにと折る花はときしもわかぬ」と、伊勢物語に などにもつける。」と。(中略)九月頃に、 打消·体 梅の作り枝に雑をつけて、「あなたのためにと思い折る花は、季節の区別がない」と(いう記述が)、「伊勢物語」に 打消·体 断定·用うんぬん 見えたり。つくり花は、くるしからぬにや云々」以上つれづれ草。接ずるに、この武勝が、花に鳥つくる術知らずといひ、花も 見えている。作り花は、不都合ではないのだろうか云々。」以上が「徒然草』(中の記述である)。考えてみるに、この武勝が、花(の咲いている枝) に鳥をつけるやり 方を知らないと言い、花も なき枝に、ひとつつけて参らせ、また、梅の枝、つぼみたると散りたるとにつくといへる事、御騰飼、ほどありて、その故実を ない枝に、(鳥を)一羽つけて差し上げ、 また、 梅の枝の、つぼみであるものと散ったものとにつけると言ったことは、御鷹飼が、時間をおいて、その故実を一 e_ たかがり よく知れり。それ鳥つくる枝は、鷹狩する山にて、すなはちその所の木を切りて、それに鳥をつくるなり。何の木にてもあれ、 よく理解していた。そもそも鳥をつける枝は、鷹狩りをする山で、そのままその場所の木を切って、 断定·用 それに鳥をつけるのである。一 何の木であろうと 存続·体 ナ上-:用| 鳥をつくる枝をば、鳥柴と云ふ。本はたもん柴とて、かしはに似 たる木につくる事なれども、その山にたもん柴なければ、何の JJ 形ク·巳」 るJ 鳥をつける枝を、 鳥柴という 本来はたもん柴といって、柏に似ている木につけるということであるが、 その山にたもん柴がないと 木をも用ゐるなり。梅あれば梅にもつくるなり。つぼみたると散りたるとにつくると云ふ事は、鷹を鳥に合はするに、鳥あなた p 木でも用いるのである。梅があると梅にもつけるのである。つぼみである枝と散った枝とにつけるということは、鷹を(えものの)鳥に向かわせる時に、 鳥があちら 意志:止 こなたにげてとびめぐるを、とらんとて、鷹もとびめぐるによりて、梅の花は、そのさわぎにふれて散るなり。つぼみはつよく こちらに逃げて飛び回るのを、 とらえようとして、鷹も飛び回ることによって、 梅の花は、 その争いに触れて散るのである。 つぼみは強く て、散る事なし。されば花散りたると、つぼみたるとの枝に鳥つくるなり。これ、鷹山の木をそのまま切りて、鳥をつけたるし つぼみである枝とに鳥をつけるのである。 て、散ることはない。だから花の散った枝と、 これは、鷹狩りをした山の木をそのまま切って、鳥をつけた」 断定·用一 打消·体 娩曲·体 ため サ変·用 るしを見するなり。これ、鷹飼の故実にてあるなり。梅のつくり枝に鳥つけたるは、歌に「時しもわかぬ」とよまんが為にしたる、 梅の作り枝に鳥をつけたのは、 証拠を見せるのである。これが、鷹飼の故実である。 歌に「季節の区別がない」と詠むために行った、 一時のたはぶれ事なり 一時の遊びごとである。 夫木抄の輔親が歌も、たはぶれに紅梅の花ある枝に、鳥つけたるゆゑ、「ねぐらの梅は散らずぞありけ 「夫木抄』の輔親の歌も、遊びごととして、紅梅の花のついている枝に、鳥をつけたために、「ねぐらの梅は散らないでいたなあ」 や 完了·体 断定·未 当然·体 る」とよめるなり。まことの鷹山の梅の枝につけたる ならば、花散るべきを、これは散らであるゆゑ、「散らずぞありける」と と詠んだのである。本当の鷹狩りの山の梅の枝につけたのであるならば、 花が散るに違いないのに、これは散らないであるために、「散らないでいたなぁ」と たはぶれよめるなり。これらは、みな、鷹飼の故実にかかはらず、ただ一時のたはぶれにしたる事なれば、梅の枝に鳥つくる法式 逆びごととして詠んだのである。これらは、すべて、鷹飼の故実に関わらず、ただ一時の遊びごとでしたことであるので、梅の(咲いている)枝に鳥をつけることを正しい様式 打消·体一 打消-用 ウ 過去·体 断定·用 とはすべからず。されば、兼好が、「つくり花はくるしからぬ にや」と、おぼつかなきながらいひしは、誤りにはあらず。契神が、 としてはならない。 遺当·未 が、 確信できないまま言ったのは、 間違いではない。 だから 兼好が、 「作り花は不都合ではないのだろうか。」と もゅう過去·体 Y 夫木抄を証として、兼好の詞を誤りなりと註せしは、却る誤りなり。 「夫木抄」を証拠として、兼好の言葉を間違いであると注釈をつけたのは、かえって間違いである。
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選