日本史
高校生

日本史Bです問6教えて欲しいです

問題を解いて、解答を0000にマークしまし。 日 問5「執権の る政治について述べ 配列したものを,下 TEP 4 シミュレーション問題 1 鎌倉幕府創設に関して述べた文として誤っているものを,次の0~④のう ちから一つ選べ。(進研模試2年生2月) 公平で迅速な裁 I 源頼朝以来の先 源氏の将軍が II I 0 間注所が設置され,有力御家人の畠山重忠が長官に任じられた。 2 一般政務などを扱う機関として, 公文所が設置された。 3 源頼朝は,源義経追捕を名目に,朝廷から守護·地頭の任命権を得た。 0 将軍の御恩に対して御家人が奉公する主従関係が,幕府支配の根本で あった。 の I-II-II I-I-I 問6 鎌倉時代の武士い から一つ選べ。(20- 0000 日2 承久の乱について述べた文として正しいものを,次の0~0のうちから一 つ選べ。(進研模試2年生2月) 0 鎌倉時代の武士 2 鎌倉時代を通し 鎌倉時代の武 0 この乱の前に,後鳥羽上皇は新たに北面の武士を設置して,軍事力を強 化した。 2 この乱の前に,源頼家が公暁に暗殺される事件が起こった。 この乱の後,敗れた上皇方から没収した所領に,御家人が地頭として任 いる。 0 鎌倉時代の武: 行われた。 命された。 問7 鎌倉時代の地頭 から一つ選べ。(2 この乱の後,鎮西探題が設置され, 朝廷の監視や西国の統轄を担当した。 0000 問3 「御成敗の琳(訴訟 裁判のあり方)を定めて,人の高下を論ぜず, 偏顔な く裁定せられ候はん」に関連して, この法令が定められた理由に関して述べ た次の文a~dについて, 正しいものの組合せを, 下の①~④のうちから一 へんば 0 地頭は全国の 2 地頭の権限は そうら 地頭の収益を つ選べ。(2009 本試) 0 地頭は,年貢 田畑の等級·面積を調査し,年貢収入を確保するために定められた。 b 御家人同士や御家人と荘園領主などとの紛争解決のために定められた。 守護·地頭の任務·権限を規定するために定められた。 d 御家人所領の売買を禁止し, 売却地を無償で取り戻させるために定めら 史料中の「御成設」 に注目すれば、この 法令が何であった がわかり,その内 容を思い出せば解 a ○書いて C 問8 13世紀前半 が及ぶ範囲は る! れた。 0 a.c (2) a.d 3 b.c ① b.d 0 00 |3月 司4 北条時頼が行った政策について述べた文として誤っているものを, 次の 0~0のうちから一つ選べ。(2004 本試) 0 有力御家人や政務にすぐれた人々を選んで, 評定衆を創設した。 2 後嵯峨天皇の子宗尊親王を鎌倉幕府の将軍に迎えた。 3 前将軍九条(藤原)頼経を京都へ送還した。 0 裁判の迅速化をはかるため, 新たに引付衆を設置した。 北条時頼が置いた。 関だけでなく, 種 についてどのような 政策をとったかを思 い出せば解ける! 0 00 13)
I 公平で迅速な裁判を行うため,引付を設置した。 2 II-I-II 0 I一I-I 3 I-I-I の I-II-I 0000 (3点) 開6 鎌倉時代の武士に関して述べた文として正しいものを,次の①~ののうち から一つ選べ。(2010 本試) 鎌倉時代の武士がど のような生活を送っ 0 鎌倉時代の武士は、城下町への集住が義務付けられていた。 2 鎌倉時代を通じて,武士の所領は,嫡子単独相続を原則としていた。 0 鎌倉時代の武家社会における一族の結合体制を,寄親·寄子制とよんで ていたかを思い出そ う! いる。 0 鎌倉時代の武士の間では, 流鏑馬·犬追物などの武芸の鍛錬がさかんに 0200 (3点) 行われた。 の J 問7 鎌倉時代の地頭について述べた文として正しいものを,次の①~0のうち から一つ選べ。(2009 本試) 0 地頭は全国の公領のみに置かれた。 2 地頭の権限は,大犯三カ条とよばれた。 3 地頭の収益を保障するため, 頼朝は新補率法を定めた。 0 地頭は,年貢徴収· 納入や土地管理·治安維持に当たった。 0 2 0 0 (3点)

回答

✨ ベストアンサー ✨

1→鎌倉時代に城下町はまだない
2→このときはまだ分割相続だった
3→寄親寄子制は戦国時代
よって4が正解です!

ありがとうございます😊😊

この回答にコメントする
PromotionBanner
疑問は解決しましたか?
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選