歴史
中学生

第二次世界大戦でのドイツとソ連との関係を、戦争の経過に沿って説明お願いします‼︎

PromotionBanner

回答

初期のドイツとの仲について話しますね。
序盤は良かったみたいです。
日独伊ソ四輪国同盟という話がありました。
ドイツのリッベントロップ外相と日本の松岡洋右外相との間で話し合われました。これは主に資本主義陣営を仮想敵国とした同盟です。しかし、この同盟は独ソ戦の行われたことにより無茶苦茶になります。この2人は必死ソ連に詫びるも後、罷免されています。
スターリンはヒトラーの大粛清に勇気付けられたとも言われています。
ポーランドも分割していますし、そこまで仲悪いわけではありません。
独ソ戦からは無茶苦茶ですね。
ドイツは最初、ポーランド、オランダ、ルクセンブルク、ベルギー、フランスを降伏させます。しかし、イギリスに中々上陸できず、独ソ不可侵条約を破りバルバロッサ作戦を実行します。
レーニングラード、スターリングラードを陥落させ、モスクワの攻略を始めます。しかし、シベリア方面からきた大戦車軍団によって失敗し、スターリングラードの戦いで敗北これにより一気に形勢逆転します。そして、ノルマンディー上陸作戦でパリ開放、そして、ソ連によってベルリンが陥落しヒトラーの自殺により降伏。

この回答にコメントする

1941年6月、独ソ不可侵条約を破棄したドイツが突如、ソ連に侵攻。第二次世界大戦が拡大し、ドイツ軍は北部ではモスクワやレニングラード、南部ではコーカサスに迫った。1942年8月に始まったスターリングラード攻防戦は、翌年2月2日、ドイツ軍の敗北となり、その後はソ連軍が西進、東欧諸国を解放しながらドイツに迫り、1945年4月にベルリンを占領、ドイツ軍が降伏して終わらせた。独ソ戦での戦闘はドイツ・ソ連双方あわせて約3000万人を越える戦闘員・民間人の犠牲者を出した。

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clearnote」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選