歴史
中学生

なぜ、楽市楽座は出来たのですか?
座のデメリットが分かりません

回答

✨ ベストアンサー ✨

楽市楽座の目的
・経済的な目的は、城下町を活性化させることで自分の治める領地を豊かにすること。
 座が解散し市で誰でも自由に経済活動をすることができると、新たに商売を始めやすくなる。

 商人が増えれば、承認が取り扱う商品を作る農民や漁師、職人などの仕事が増え、領地全体が豊かになり、徴収する税金も増えて
 戦国大名の懐も潤う。

・政治的な目的は領主権を確立すること。
 中央の貴族や寺社と結びついて特権を得ている座の存在は、領地内における商工業を統制したい大名にとって、邪魔な存在なので、
 楽市楽座で座を排除できれば、大名は領地内の経済を統制でき、領主権を確立できるようになる。

座のデメリット
・当時、権力の強かった公家(貴族)や寺社たちに商売の特権を与えられたことで商人たちは力をつけていった。
しかし、それは座に登録している人しか商売することを認められていなかったため、新しい人たちが参入できなかった。

また、商人たちは独占権を認められたことで、自分たちの都合の良いように価格の設定ができるようになり、法外な値段で商品が取引
 されるということも起こるようになった。

 →座の特権を持つ人たちのみで商売が行われてしまうと特定の商人のみが儲けてしまう状況が続き、新しい人たちも商売を行えない。

ろくでなし

引用したなら引用元も付けようね。
https://honcierge.jp/articles/shelf_story/8576

ろくでなし

https://nihonsi-jiten.com/kabunakama-za-chigai/#i-4

かんとりーまあむ

つけるの忘れたました。
すいません。

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選