技術・家庭
中学生

これって合ってますか?
空いてるところは分からないので教えてもらえるとありがたいです!
よろしくお願いします!

今和2年 度 術- 家庭科(お抜術分) 一学期U 末テスト 2年 前 (前は丁寧に書きましょう) 1、生物育成について、以下の問いに答えなさい。 (1)次の文の()に当てはまる顔旬を、下の四角の中から選んで書きなさい。 なお、 同じ番号の( )には、同じ語旬が入ります。 *人間は、(D) や家喜が育ちやすいように世話をして、自分たちの生活に役立でてきた。このことを(②)という。 これにより、人間は生 継査安定させ、人口を増やし、 生を豊かにしてきた。 ()の技術を有効活用することは、 ( ③ )な社会を築くことに役立つ。 *( )資源となる作物とは、 ( ⑤ ) ゅつくるための原材料として使われる作物のことをいう。 そのような原料から作られた(⑤ )を (6)という。 (O)や家高は、人間が(の)にあったもの全何世代にもわたって選び続けたり、 ( ③ )を重ねたりしたため、自然の中では生育でき ないものが多く、人間が世話をしなければならない場合が多い。 *生物育成には、地域の土、 気象などの( ④ ) を活かし、 育成に最適な場を整えることや、目的に応じて( 6 )を使い分けることが必要で ある。 *パイオ燃料 エネルギー 料利用目的特続可能 *作物 生物育成自然環境 、品種改食 育成技術 作り は物音成 の和用目的 品種的良 白環境 方成杉的 の 3 続可能 はネルギー 科 6イオ料 (2)右圏1ののと②は, ジャガイモの生育の様子を示したものだが、どちらの方がよく管理して栽培されたか。番号を選んで書きなさい。また。 管理が不足していたものについて,どのような管理をすることでよく修育するか、あなたが考える管理する手立てを書きなさい。 (完全解答) 番号 ·円引きをする *盛り土をし、かりする。 手立て ■1 2,植物の体の仕組みと環境要因について, 以下の問いに答えなさい。 (1)気象要因について,次の文の( )に当てはまる語句を下の四角の中から選んで答えなさい。(使わない語句もあるので注意すること) 光…(O)をする際のエネルギー源 温度…植物によって( ② ) に適した温度がある。 大気…(@ )は( ① )に使われ, ( ④ ) は呼吸に使われる。 光合成 生方 の 「酸素 光谷成 |-二酸化炭素一酸化炭素 -化表素④ 西系 *生育 (2)土壌要因について, 下の圏2アとイは土の構造を示した図である。どちらの構造が栽培に適しているかを、記号を選んで名称を書きなさ い。また,栽培に適した土の構造にするために必要な手立てについて簡潔に書きなさい。 (完全解答) 記号 T 手立て ア イ スト系酸い提出しはいう。かバし! 75-086 NO-
3.肥料について,以下の問いに答えなさい。 フ下の各文は肥料の三要素のそれぞれの効能についてまとめたものである。( )に当てはまる語句を答えなさい。 【(O)) *業や茎,根の成長に役立つ。欠乏すると葉は賃録色になり,生育が急におとろえる。 【(2)) 室素 リン カリウム の *成長のさかんな部分や花, 果案実,たね,新根の発達に役立つ。欠乏すると下葉が 青紫色になる。 *光合成をさかんにし,果実の付き方や育ちをよくし, 根をよく育てる。欠乏すると, 業の周囲が黄色になる。 (2)肥料の与え方について,右の園3の( )に出当てはまる語句を書きなさい。 の 作物の生育の会中で 与える。 の (3)例えば,次の作物を栽培するとしたとき,肥料の三要素のうち,どれの 比率を上げていけばよいか, 名称を書きなさい。 の 作物の植えつけ前に あらかじめ与える。 のニンジン のナス の白菜 カリウム の 2 3 4.栽培の流れについて,以下の間問いに答えなさい。 (1)種まきの方法について, 下図O~③の( ) に当てはまる語句を書きなさい。 と、まき すじまき ばらまき (2)種まきについて,例えばアサガオのような大きな種をまくときは(1)の①~③のどのまき方がよいか, 番号を選んで書きなさい。 (3)右圏4の発芽した①~⑤のうち,間引きを行って2本を残したい。あなたが選んだ番号 を解答欄の指示に従って選んで書き, また選んだ理由を書きなさい。 (完全解答) 番号 のと 同じ大きさて、ちょうじ良い成長 理由 の達信だから。 園4 (4)特に果菜類の作物の収穫時期について,例えば収穫物を商品として流通させる 場合,その収穫のタイミングはどのように判断すべきか。簡潔に説明しなさい。 完熱するリし前前に収穫する。 75-08 e||O e 0
中2 作物の栽培 技術

回答

✨ ベストアンサー ✨

空欄だけの対応で、
記入しているところの確認はしておりません。

一枚目
団粒構造の作り方
堆肥の投入や緑肥の栽培

堆肥や有機質肥料などの有機物を投入して土壌改良を行いましょう。土壌の有機物量が増えるだけでなく、土壌微生物の量や活性も増加することで団粒構造の発達が促されます。また 根量や茎葉量の多い作物を緑肥としてすき込むことも団粒構造の発達に効果的です。

検索で見つけた参考資料のリンク
https://shisetsuengei.com/news-column/growth-up/growth-up-056/

二枚目
①追肥
②元肥

SYK

ありがとうございます!
コメント遅くなりました💦
助かりました!!

この回答にコメントする
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選