理科
中学生

↓6番の⑷教えて頂きたいです

した酸素の 国 した気体の質量〔g] 復習酸化と還元 の酸化…物質が酸素と結びつ。 図2 酸化剤と 炭素の粉末 ビンチコック 化。酸化した物質のこと。4)/実験で用いたのと同じうすい塩酸で、石灰石 3.0gのすべてを反応させ 中2の復習 5酸化と還元 図1の 図1 ように、解船を十分に加 熱して酸化剤に変えた。 武に、図2のように、 酸 化側と炭素の粉末を混ぜ て加熱したところ、 二般 化炭素が発生して、 石灰 復習 いう。金属のさびる変化 0 る。 場合,必要なうすい塩酸の体積は何 cm'か。 鋼 十酸素 →酸化。 2Cu + O。 一石灰水 の還元…酸化物が酸素をうばれ。 の実験のように,反応後の質量が反応前よりも減少するものを,次の →2CuO アーエから選べ。 スチールゥールをガスパーナーの炎で加熱する。 学変化。 酸化鋼の還元酸化制。 素の混合物を加熱する。 ィ試験管に酸化銀を入れて加熱する。 ゥステンレスI皿に銅粉をのせて加熱する。 ビーカーに入った水に食塩を加える。 化学反市さU が還元されて鶴(赤色がで、 水が白くにごり、加熱した試験管内に鋼が生じた。 次の問いに答えなさい。 口2) 図2の実験で, 試験管の中の混合物の色はどのように変わったか。 次のアーエから選べ。 ア黒色から赤色(本細色) ウ 白色から赤色(赤掲色) また、炭素は酸化をして、 炭素になる。 酸化銅 +炭素→ 鍋 +二 2CuO + C CD 図1の実験で, 斜が受けた化学変化を, 化学反応式で表せ。 エ 7マグネシウムの燃焼 A~C班が,マグネシ ッム粉末を熱したときの質量の変化を調べる実 験を行った。A班は1.2gのマグネシウム粉末 を、B班は1.5gのマグネシウム粉末を,C班 は1.8gのマグネシウム粉末をそれぞれステン 図1 マグネシウム 粉末 ステンレスの皿 イ 黒色から白色 2Cu +CO たく L13) 図2の実験で, 酸化鋼から銅が生じたように, 酸化物が酸素をうばわれ る化学変化を何というか。 I 赤色(赤褐色)から黒色 三角架 脚 ガス バーナー 復習化学変化と質量 の質量保存の法則化学変化に る物質全体の質量は変わらない の密閉された容器内での化学変に レスの皿に入れ,図1の 装置で2分間熱した後, よく冷やしてから, 粉末 とステンレスの皿を合わ せた質量を測定した。そ の後質量に変化がなくなるまで、熱する操作と熱した後の質量の測定を 返した。表は, その結果である。。次の問いに答えなさい。 nu) 熱する操作をくり返すと, やがて熱した後の粉末の質量が変わら マグネシウム 熱した後の粉末の質量(g) 6 気体の発生 化学変化と質量 石灰石0.5. 図1 1.0 1.5. 2.0 2.5gを入れたA~Eの容器 の中に、濃度の同じうすい塩酸を10cm'ずつ 電子てんびん とった試験管をそれぞれ入れてふたをし, 図1 のように、容器全体の質量をはかった。次に, それぞれの容器を傾けて試験管の塩酸すべてを 容器内に出して、 1回目2回目3回目|4回 2 班 うすい塩酸 容器 の質量 1.2 1.7 1.9 2.0 A 石灰石 1.5 2.2 2.4 2.5 2 B 1.8 2.7 2.9 3.0 C 一酸化装 石灰石 山 ビ 塩酸 容 器 A B C D E 容器の外へ出入りする物質がな。 石灰石と反応させ石灰石の質量 たところ、気体が 発生した。反応が (g)| 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 ため質量は変わらない。 るのはなぜか。 はじめの質量 [g)| 71.6 | 72.1 | 72.6 | 73.1 73.6 反応後の質量 [g)| 71.6 | 72.1 72.6 | 73.1 | 73.6 体よたをあけたあとの質量(g)| 71.4 | 71.7| 72.0 72.5 73.0 終わった後。容器全体の質量をはかった。 さらに, ふたをあけて発生した気 体を逃がし、ふたたび容器全体の質量をはかった。表は, この結果をまとめ の密閉されていない容器内での働 化…密閉されていない容器内で、 体が出入りする化学変化が起きた きには、反応後に残った物質の音 は反応前と変わる。 ú(2) 表の結果をもとに,酸化マグネシウムにふ 図2 1.4 くまれているマグネシウムの質量と酸素の質量 化 合 1.2 の関係を,図2のグラフに表せ。 1.0 たものである。次の問いに答えなさい。 0.8 図2に記入 へ 口) 実験で発生した気体を集め, 石灰水に通すと白くにごった。このことか ら,発生した気体は何だと考えられるか。 この気体の化学式を書け。 0.6 気体が出ていく反応…質量が口(3)別の班が2.1gのマグネシウム粉末で同じ する。右灰石に塩酸を加える 酸水素ナトリウムを加熱する 0.4 実験を行った。1回目に熱した後の粉末の質 0.2 口2) 容器全体では, はじめの質量と反応後 図2 発1.0 の質量は変わっていない。このことを何 というか。 口3) 実験の結果をもとに,石灰石の質量と 量は3.1gであった。このとき,化合してい 0 0.3 0.6 0.9 マグネシウ ど。 ないマグネシウムの質量は何gか。 気体が化合する反応…質量が増 する。スチールウール (鉄)、銭 マグネシウムなどの金属と酸剰 化合など。 生 じ0.8 0.6 体 0.4 口(4) マグネシウムを熱して酸化マグネシウムができる化学変化 発生した気体の質量との関係を図2のグ ラフに表せ。 0.2 したモデルを,次のア~エから選べ。ただし, はマグネ 図2に記入 ○は酸素原子を表している。 0 0.5 1.0 1.5 2.0 2.5 石灰石の質量(g) 34 ア イ
化学変化と質量
PromotionBanner

回答

まだ回答がありません。

News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選