回答

✨ ベストアンサー ✨

12で割って5余る数
→5,17,29,...
8で割って5余る数
→5,13,21,29,...

12と8の最小公倍数
→24

よって、最初が29でそれ以降24ずつ増えていく
→29,53,77,101,125,...

以上より101となります。

この回答にコメントする

回答

12で割っても、8で割っても、「5余る」なら...
「5を足したら割り切れる」ってこと。

逆に「12でも8でも割り切れる数」から5を引くか足すと、
「割り切れない、“5余る”」。

だからまずは「12でも8でも割り切れる数」の中から
「100に近い数」を見つける。

12で割り切れる数=12×○で表せる数
8で割り切れる数=8×○で表せる数
12でも8でも割り切れる数=12×○、8×○で表せる数
12×8=96
12×9=108

8×12=96
8×13=104

ここら辺が100に近い。
12×8と8×12の答えは同じだから
「96は8でも12でも割り切れる数」

96に5を足すか5を引けばいい。
100に近づけるには5を足す。
96+5=101

わからないところがあれば質問も受けます〜
わかりにくかったらすみません💦

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選