理科
中学生

台風が衰える原因で「海から水蒸気や熱の吸収ができないから」とはどのようなことですか?

回答

✨ ベストアンサー ✨

台風は海の水蒸気で大きくなり、障害物がないため風でどんどん水蒸気を取り込みます。ですが陸に来ると山が障害物になるため風が遮られて水蒸気を吸えないので小さくなります。なので本州を通って北海道に行く頃には台風はなくなります。逆に障害物がない沖縄では猛烈な台風になります。

ご回答ありがとうございます!
理解出来ました。

この回答にコメントする
PromotionBanner

回答

台風のエネルギーはどこから来るかと言うと、湿った空気が熱せられて上昇し、水蒸気が冷やされて液化する時に気化熱相当の熱エネルギーを放出することで新たな上昇気流を生む。
一般に緯度が高くなると気温が下がり、陸地に上陸すると水蒸気の供給が少なくなるため台風は衰えると考えられる。

ご回答ありがとうございます!
理解出来ました。

この回答にコメントする

ちょっと難しいですが
まず雨が降るには地面や海からの水蒸気が高い場所に行き、飽和水蒸気量に達する(高い場所は飽和水蒸気量が少ないです)と空気中にある埃に結露が起きます。そして水滴となって雨となります。
つまり水蒸気が吸収できなくなると台風が衰えると考えて良いでしょう(熱は水が水蒸気になるために必要です)。

ご回答ありがとうございます!
理解出来ました。

この回答にコメントする
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Siora photography hgfy1mzy y0 unsplash scaled
共通テストで使える数学公式のまとめ
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選