回答

表にある値を落ち着いて考えてみてください。
――――――――――――――――――――――――――――――
(1)
●上段の「石灰石の質量」これは問題なく横軸の値として使えます

●下段の「反応後のビーカー全体の質量」これは考えないといけません
--―――――――――――
「石灰石の質量」が「0g」のとき

ビーカー+塩酸=150.00g、発生気体は「0g」
―――――――――――――
「石灰石の質量」が「1.00g」のとき

ビーカー+塩酸+石灰=151.00gのはずが、150.56となっています。

この減った分が、発生し気体で、空気中に逃げてしまった分です

発生した気体は、150.00g+1.00g-151.56g=0.44g
―――――――――――――
同様にして考えていくと
―――――――――――――
「石灰石の質量」が「2.00g」のとき

発生した気体は、150.00g+2.00g-151.12g=0.88g
―――――――――――――
「石灰石の質量」が「3.00g」のとき

発生した気体は、150.00g+3.00g-151.90g=1.10g
―――――――――――――
「石灰石の質量」が「4.00g」のとき

発生した気体は、150.00g+4.00g-152.90g=1.10g
―――――――――――――
「石灰石の質量」が「5.00g」のとき

発生した気体は、150.00g+5.00g-153.90g=1.10g
――――――――――――――――――――――――――――――――
(2)
石灰石1.00gで、0.44gの気体が発生

石灰石2.00gで、0.88gの気体が発生

●この割合で行けば

石灰石3.00gで、1.32gの気体が発生しなければならないが

石灰水3.00gで、1.10gの気体しか発生していない。

●これは、反応する塩酸が足りなくなったことを示します

●逆に、前の割合で、1.10gの気体を発生させるとしたら

・・・・・・1.10÷0.44=25 で、2.5gの石灰石、
―――――――――――――――――
●でこれを挿入し表を考えると

石灰石1.00gで、0.44gの気体が発生

石灰石2.00gで、0.88gの気体が発生

石灰石2.50gで、1.10gの気体が発生

石灰石3.00gで、1.10gの気体が発生

石灰石4.00gで、1.10gの気体が発生

石灰石5.00gで、1.10gの気体が発生
―――――――――――――――――
●つまり

塩酸50gと石灰石2.50gで、1.10gの気体が発生するという割合がわかります

●よって

50:2.50=(x):2.0 を解いて、(x)=40

【石灰石2.00gと反応する塩酸は40g】

Post A Comment
PromotionBanner
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】