この回答がベストアンサーに選ばれました。

2枚目の画像の解説は、正直言うと下手です。図がないから分かりにくくなっています。

平行四辺形ABCDをひっくり返したものを右にくっつけて考えます。
すると、下の画像のように、3つの平行四辺形ができます。
これらの平行四辺形は、全て高さが等しいので、面積比は、辺の長さの比に等しくなります。
面積比 6:3:2 より、EF+DG は、横長の平行四辺形の横の長さ44cm のうちの 3/11 の長さになります。
また、イは平行四辺形なので、EF=DGが成り立つことから、EFの長さを求められます。

ユニカ

めちゃくちゃわかりやすいです!
ありがとうございます!

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】