空気について

2

53

1

このノートについて

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=ed532f22e7d238a6f7b29f51d42e8b13870b2fa97e100f65909bfeb250c610ff

白米女王

窒素、酸素などに付いてもまとめました。

空気 理科 窒素 酸素 二酸化炭素

コメント

Aws4 request&x amz signedheaders=host&x amz signature=8fafbd6638ab4438977d8e759b9296d5404333a655f6229f9b5ce1b0f3164e0c

僕も空気について調べてみました

空気(くうき)とは、地球の大気圏の最下層を構成している気体で、人類が暮らしている中で身の回りにあるものをいう[1]。

一般に空気は、無色透明で、複数の気体の混合物からなり、その組成は約8割が窒素、約2割が酸素でほぼ一定である。また水蒸気が含まれるがその濃度は場所により大きく異なる。工学など空気を利用・研究する分野では、水蒸気を除いた乾燥空気(かんそうくうき, dry air)と水蒸気を含めた湿潤空気(しつじゅんくうき, wet air)を使い分ける。

このノートを友達に教えよう!