理科
中学生

イオンについての質問なのですが、電池を作る際には、2種類の金属と電解質の水溶液が必要であると書いてありました。と2枚目の写真を見ると、亜鉛と銅では銅は塩酸にとけないのは分かるのですが、ではもしこれがアルミニウムの場合はどうなるのでしょうか?どちらも溶け出すのですか?その場合の電子の向きはどうなるのでしょうか?
 
追記:イオン化傾向についても少し勉強したのですが、イオン化傾向の大きい方が-極になる。という説明だけではどうも理解ができないのでこの質問をさせて頂きました。

も\nスをCm るこし*さ ww さじ2 上 の 1 いや4 9 ーー1フーー ょ』H
Li K Ca Na Mg Al Zn Fe Ni Sn Pb (H) Cu Hg Ag Pt Au 大 <一一ーー一ーー一ーー一ーーー一一 イオン化傾向 一一ーー一一一ーーー一一一一 小 | 語れ | 常温で徐々に酸化され、表面に際化被肛ができる 常温の水と 熱水| 高温水蒸気と ぶしな 希塩酸などの薄い酸と反応し、Hを発生する トト 王水と反応

この回答がベストアンサーに選ばれました。

イオン化傾向が大きいもののほうが、イオンになりやすい=溶けやすいということです。2枚目の画像を見ていただければ分るように、AlとZnではAlのほうがイオン化傾向が大きいので、3枚目の画像のようにするとAlのほうから電子が出ていくことになります!
🙌✨

追記に:イオンになるということは、溶け出して導線に電子を出すという風にも捉えられますよね!電子を手放してしまうのは2つのうち溶けやすい(イオン化傾向の大きい)方の物質になるので、イオン化傾向の大きい方が-極になるんです☺

もん

回答ありがとうございます!
ちょっと考えてみます…また質問するかもしれません。お願いします。

もん

Znはとけ出さない(イオン化しない)んですよね?銅の時はとけ出したのに、どういうことなんでしょうか?一体何が関係しているのでしょうか?塩酸が「こいつとこいつならこっちの方がイオン化傾向大きいから溶かすか」みたいなことを考えるわけはないですよね💦 図にすると分かりやすいと思ったのですが図にするのが難しかったので、できれば図付きで解説していただきたいです。

˗ˏˋ らん ˎˊ˗

むしろ、物質たちが戦って、強いほうが溶けれるみたいに考えたほうがいいかもしれません!
図というかほぼ絵ですが、描いてみましたのでどうぞ!笑

もん

丁寧に説明してくださって本当にありがとうございました。本当に助かります!

Post A Comment
News
Clear img 486x290
ノート共有アプリ「Clear」の便利な4つの機能
Jeshoots com 436787 unsplash min 3 486x290
「二次関数の理解」を最大値まで完璧にするノート3選
%e6%9c%80%e5%88%9d%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91 1 486x290
文系だって超わかる!【誰でも簡単に理解できるオススメ数学ノート3選】