生物
高校生

生物基礎です
写真の問題の意味がわかりません
答えは20時間になるそうです

98 樹状細胞の働き 5分 計算 それぞれの抗原に特異 図1 リンパ節内の蛍光顕微鏡像000円 的なT細胞は非常に少数である。リンパ節内で抗原を提示 動画解析による 細胞の動き M Ev | GFP を発現した T 細胞 RFP を発現した 樹状細胞 した樹状細胞がその抗原に特異的なT細胞と相互作用する までの時間を調べるため, 樹状細胞とT細胞で蛍光タンパ ク質 * を発現させて色分けする実験を行った。 (19同志社大改) リンパ節内において全樹状細胞の10%が赤色蛍光タンパ ク質(RFP) を発現しており, 全T細胞の20%が緑色蛍光夕 ンパク質 (GFP) を発現していた。 リンパ節内の樹状細胞とT細胞の動 図2 1個のRFP発現樹状細胞が きを観察し(図1), RFP を発現する1個の樹状細胞が GFP を発現する T細胞に接触するのべ回数(黒丸) を時間を追って数えた(図2)。 黒丸に 基づいて推定された直線を実線で示す。 この結果をもとに, リンパ節内に X抗原を提示する樹状細胞が10個 あったとき,これら10個の樹状細胞がのべ10万個のT細胞を探査す るのにかかる時間を,次の①~⑥のうちから一つ選べ。ただし単位時 間当たりの接触回数は,時間経過で変化しないものとする。 ① 0.5 時間 ④20時間 ② 1時間 ⑤ 50時間 ③ 10 時間 100時間 ⑥ 接触回数 GFP 発現 T細胞と接触する のべ回数(黒丸)の時間経過 100+ 50- 0.5 時間 *特定の色の光を当てると特定の 色 (蛍光) を発するタンパク質。 2
生物基礎 免疫

回答

GFPで標識されたT細胞が20%しか存在していないので、リンパ節内にはその5倍のT細胞が存在しているはずです。また図2より、1個のRFP発現樹状細胞がGFP発現T細胞と1時間で100回接触しています。これらの2点から、1個の樹状細胞はリンパ節内のT細胞と1時間で500(=100x5)回接触すると考えられます。単純に10倍するだけですが、10個の樹状細胞だとリンパ節内のT細胞と1時間で5000(=100x5x10)回接触すると考えられます。
あとは比例関係で考え、1(h):5000(回)=x(h):100000(回)となります。これを解くとx=20(h)となります。
理解の一助になれば幸いです。

この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?