国語
中学生

この文章を読んで彼のその後のことを考えるためにどんなことを書けばいいのか分かりません

もらいた 木に上った子供 小川未明 国語科課題 力をつけるため 4語に備えまし あるところに、皆といつ こども かめ 等がありました。器は、小さな時分に、や 1QUE にい 母に別れて おばあさんの手で育てられました。 ほかの子供が、やさしいお母さんにかわいがられたり、解さんや、見さんにつ れられて、遊びにいったりするのを見ると、辰吉は、自分ばかりは、どうして、 ひと おも み たつきち 独りぼっちなのであろうと悲しく思いました。 「かあ たつきち 「おばあさん、僕のお母さんは、どうしたの?」と、辰は、おばあさんにたず ねました。 すると、 おばあさんは、しわの寄った手で、辰吉の頭をなでながら、 「おまえのお母さんは、 あっちへいってしまったのだ。」と答えました。 たつきち かあ くもおうらい そら た 辰吉は、あっちというところが、どこであるか、わかりませんでした。ただ あちらの雲の往来する、 そのまたあちらの、 空のところだと思って、 目に涙ぐむ のでありました。 ぼく かあ かえ たつきち 「おばあさん、 僕のお母さんは、いつ帰ってくるの? 」 と、辰吉はたずねまし た。 まご あたま すると、おばあさんは、孫の頭をなでて、 かあ そら のぼ ほし かえ 「おまえのお母さんは、 空へ上ってお星さまになってしまったのだから、 もう帰 み ってこないのだ。 おまえがおとなしくして、大きくなるのを、 お母さんは、 まいばん そら おお かあ 毎晩、空から見ていなさるのだよ。」 と、 おばあさんはいいました。 辰吉は、そ たつきち まいばん あおぐろ しん おもて で れをほんとうだと信じました。それからは、毎晩のように、 戸外に出て、 青黒 よる そら かがや ほし ひかり みあ い、夜の空に輝く星の光を見上げました。 ぼく かあ かれ よるそら 「どれが、僕のお母さんだろう?」といって、彼は、ひとり、いつまでも夜の空 かがや ほし さが に輝いている星を探しました。 たつきち にんげん いつであったか、 辰吉は、 おばあさんから、 人間というものは死んでしまえ てん のぼ ほし き ば、みんな天へ上って、 星になってしまうものだと聞いていました。 よる そら かがや ほし なか 夜の空に輝く星の中には、いろいろありました。 大きく、 ぴかぴかと、白びか おお 何しろ あか かがや りをするものや、 また、 じっとして、赤く輝いているものや、 また、かすかに、 ちい ひか たつきち び 小さく、ほたる火のように光っているものなどがありました。辰吉は、どれが、 じぶん こい かあ ほし おも 自分の恋しいお母さんの星であろうと思いました。 かあ ぼく うちやね うえ ぼくみ 木の 「お母さんは、きっと、 僕の家の屋根の上にきて僕を見てくださるだろう。」 6/51051_51582.html
にました。 さく、強く光らない一つをお母さんのだとめたのでありま その してい 日にいっぱい涙をためて、なにかものをいたげに、じっ しているのでありました。 たび「お母さんお母さん。」 と叫びました。そ て、いつでも外に立っていることがありました。 「厳さや、風をひくといけないから、家へお入り。」 と、 おばあさんは、家の ちから呼びました。 すると はへはいりながら、 ほうこう お母さん見ていたのだ んは、しわの寄った大きな手で、 の頭を黙ってなでなされたのであります。 といいました。このとき、おばあさ が、やっ十二になったときでありました。 おばあさんから別れて、五、 大量も隔たった、ある村へ車公にいかなければな らなくなりました。 はじめて、知らぬ家へきた吉は、さびしくて、 朝、晩、人のいないときに。 は、 「おばあさんは、いまごろどうしていなさるだろう。」と、思い出して、 にいっぱい涙をためていました。 みだ しゅじん にんせん たつきち げんかく ひと ばん ひと 「うんと働かなく この家の主人は、どちらかいえば、厳格すぎる人でした。 ちゃ、 いい人間になれない。」といって、 震笘に、いろいろなことをいいつけま たつきち つか 辰吉は、使いにやらせられたり、水をくませられたり、いろいろなてつだいを して休む暇もなかったのです。こんなとき、 どんなに、やさしかったおばあさん のことを思い出して、 なつかしく思ったでありましょう。 また、 ありがたく思っ でありましょうゆど しかし、夕飯の後は、いつも、辰吉は、外に出て、 自分の故郷にいるときと あお おぇそこでも見られたの この家の屋根の上で、じっ おな みまも 同じように、空の星を仰ぎました。 やさしい赤い色の星は、 であります。 死んだお母さんは、自分についてきて、 あかいろほし おも じぶん と見守っていてくださるように思いました。 「みんなお母さんが知っていてくださるのだ。」と、最告は、空を仰ぎながらひ かあ ぽん たか いたのであります。 した。 [よ。」とした子供はそれをした みんなは二人つことをおしさがっていていました。そして り、また、誰かりしていました。 「だって、木についているじゃないか」と、常に楽について いるといった子供がいいました。 そえたって、ついていないのだよ。」とした をしました。 「念とつに今日は近いなといいました。 秋になると、 むかつく見えるといった 点 が天についていないと反対した子供はいいました るじゃないか? 「だってあんなに安くなってのについて 天と木とがついていると、最初いった子供が怒りました。 そして、ゴは、 しかし、けんかをするない。 よせよ!と、そのぷで、いちばんき けんか始めました。 38 第二分冊 敵の進んでいる旨があるんだってね。」と、ほかの このときはおばあさんが、入が死ぬと、みんな天によって量となるの だといわれたこ思い出した。 そして、先刻から自分も、やはりこの木の のところまで、が低く下りてきているような気がしてしかたがなかったので す。 ました。 されています 「お母さんが、降りてきてくだすったのじゃないかしらん。」と心で思ってい まだ、雪人の子供は、けんかをつづけていました。 はし とりでいいました。 てら けいだい 村の端の方に、寺がありました。 寺の境内には、 一本の高いすぎの木がありま なつ お あつ ひ げていいました。 そのときみんなは、遊びに疲れて、 「この人は、までとどいているよ。」と、子供の一人が、高いすぎの やがて終わりに近づいて、萩になろうとしていたころであります。 まだ暑い日がつづきました。 子供らはみんな、寂しい寺の境内にやってきては ごっこをしたり、かくれんぼをしたりして遊んでいました。 おに みあ 上 あそ つか 木の下にやってきて休んで mora.gr javcards/0014751051_51582.html 2/5 「けんかをしたくたっていいじゃないか。だれか、暑に至ってみればわかるだ しかし、だれも、この高い木ののところまで、っていくというものはな ろう。 」 と、 大きな子供がいいます。 かったのです。 たつきち 「僕が、上っていこう。」と、辰吉はいいました。 きみ のぼ 「君が上っていく? すると、みんなが、びっくりしたように、辰吉の顔を たつきち がめました。 たか きみ 「高いぜ、 おっこちたって知らないせい 「君は、ほんとうに上れるかい。」と、みんなは、辰吉を見て口々に ps://www.aozora.gr .jp/cards/001475/files/51061_51582.htm たつきち
どうしたのか ていました。 また、できま 子供はじめました。 そして、いつまで そこに立ってながめていました。 SADA はに当たって、かすかに音をたてています。そして、あたり まったく後となってしまった。みんなは、ようやく気味さを感じはじめた めです。 ひとり おおごえ 心か いえ はし ちい のご いえ きづか した 気遣って、いつまでも、その木の下から去らなかった子供もありました。 こうして、家に逃げ帰った子供もありましたけれど、また、辰吉の身の上を はいていた小さなげたが、二つ残っているばかりでありました足つきち た。中には、家の方へ走っていったものもあります。 ただ、木の下には、辰吉の っと、この菜の上にだいじゃがすんでいて、食ってしまったのだと、 一人がいうと、みんな、大声にわめいて、その木の下から退いて 上を仰ぎまし き き たつきち みうえ くちぐち たか き のぼ あつ おとな 「どうして、こんな高い木に上ったのだ。 」 と、 集まってきた大人たちは、口々 にいいました。 よる しかし、夜で暗かったから、だれも、気味悪がって上っていくような人もあり ませんでした。ただ、下から大声を出して、呼ぶばかりでした。しかし、やは あす なんの返答もなかった。 ひと かえ 明日になればわかるだろう。」といって、その人たちは帰りました。 した あつ り あ たつきち きもの おとな しか夜が明けました。みんなは木の下に集まってきました。そして、大人 人が木に上っていきました。すると枝に、辰吉の着物がかかっているばかり ふしぎ おも はなかったのです。 みんなは、それを不思議に思いました。 だれも、その たつきち つからなかったのです。 辰吉が、 こうもりになったというものもあれば、 吉は、ふくろうになったのだといったものもあります。 Hles/51051_51582.html
文章 自分の考え

回答

疑問は解決しましたか?