国語
中学生
解決済み

至急 古文の現代語訳の質問です
鴨長明の発心集にある
「心ととのはずは、かひなかるべし」の「心ととのはずは、」はどういう意味ですか?
ちなみに かひなかるべし は意味がないに違いないという意味らしいです。
あと、古文が苦手なのでもし解き方のコツ等あれば教えてほしいです。

至急 古文 現代語訳 国語

回答

疑問は解決しましたか?

この質問を見ている人は
こちらの質問も見ています😉