歴史
中学生

奈良県の鹿は、何年から奈良公園にいるのですか?
また、どこから来ましたか?

回答

ウィキペディア情報ですよ。
奈良公園のシカが紀伊半島のシカ集団から遺伝的に分化したのは約1400年前であり、春日大社が造営された768年に遺伝学的にかなり近かった。この研究結果は、1000年以上前から日本人たちが春日大社の主神のタケミカヅチの使いとしてこの地域のシカを保護してきた結果、この地域のシカが集団を代々に渡り維持できたことを裏付けるものであるという。

つまり、1400年前より以前から鹿はいます。
春日大社では、鹿が神聖な生き物なので、その辺から、他の地域の鹿とは違う独自の生活圏を持っているのかも知れませんね。

鹿と神社の関係では、春日大社の他にも、鹿島神宮と宮島がありますね。

奈良公園 鹿 春日大社 鹿島神宮 宮島
この回答にコメントする
疑問は解決しましたか?